2019.08.10

オールブラックの“真っ黒”高級時計コレクション#3【パネライ/ゼニス編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時計Begin厳選 オススメ”真っ黒”COLLECTION

ここ数年、巷で話題を呼ぶオールブラックスタイルの特徴的モデルを厳選。素材や加工により、各々のモデルが醸し出す黒の味わいも千差万別。ストラップをはじめ、ディテールが演出するテイストの違いにも注目したい。 ※この企画は5回シリーズでお届けします。

 

PANERAI(パネライ)

ラバーストラップを選べば、より精悍でスポーティ

PANERAI(パネライ)
ルミノール1950 3 デイズ GMT
オートマティック チェラミカ 44MM

ブラックセラミックをケース素材に採用したルミノール。第2 時間帯表示機能、3 日間パワーリザーブを備えた自社製Cal.P.9010/GMT搭載。3 時位置に日付表示。自動巻き。径44㎜。セラミックケース。ラバーストラップ。10気圧防水。123万円。お問い合わせ先:オフィチーネ パネライ

 

ストラップの変更によりいっそう精悍な黒仕様に

パネライのルミノールといえば、大型リューズプロテクターを装備したクッションケースと、シンプルなブラックのサンドイッチダイヤルが特徴だ。イタリア語でセラミックを意味する〝チェラミカ〟の名を冠した本作では、ケース本体にマットブラックのセラミックを採用し、ケースバックはブラック加工を施したチタン製。この精悍なスタイルをオールブラック仕様で楽しみたいのなら、ブラックのラバーストラップがベストなチョイスといえる。

 

サンドイッチ構造のブラック文字盤
パネライの特徴である2 層構造のサンドイッチダイヤルを採用。アラビア数字の下層に夜光塗料が施され、暗闇で高い視認性を発揮。

海外旅行に便利なGMT機能を搭載
文字盤センターには、時分針と同軸でGMT針をセット。先端が三角形となった専用針により、セカンドタイムゾーンが表示される。

スポーティさが増すブラックラバー
通常のブラウン系のカーフストラップとはひと味違うブラックラバータイプ。精悍なオールブラックスタイルを味わうには最適だ。

<b>サンドイッチ構造のブラック文字盤</b><br>パネライの特徴である2 層構造のサンドイッチダイヤルを採用。アラビア数字の下層に夜光塗料が施され、暗闇で高い視認性を発揮。
<b>海外旅行に便利なGMT機能を搭載</b><br>文字盤センターには、時分針と同軸でGMT針をセット。先端が三角形となった専用針により、セカンドタイムゾーンが表示される。
<b>スポーティさが増すブラックラバー</b><br>通常のブラウン系のカーフストラップとはひと味違うブラックラバータイプ。精悍なオールブラックスタイルを味わうには最適だ。

 

 

ZENITH(ゼニス)

ブリッジも黒にしたブラックスケルトン

ZENITH(ゼニス)
デファイ クラシック
セラミック

デファイの2019年ニューモデル。モダンスタイルのスケルトンダイヤルを取り入れ、3針タイプのエリートキャリバー670 SKを搭載する。自動巻き。径41㎜。セラミックケース。ラバーストラップ。10気圧防水。80万円。お問い合わせ先:LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス

 

ブラックが際立つ個性派のスケルトン時計

ゼニスが今年発表した新作「デファイ クラシック セラミック」は、ブラックセラミックケース採用のスケルトンモデル。近年スケルトンタイプの時計が増えているが、本作はその見せ方にこだわっている。まず、ブリッジをゼニスの象徴である星がモチーフの形状にくり抜き、ブラックにコーティング。さらに針やインデックス、外周リングまで真っ黒に染め上げた。この精悍なスケルトンフェイスを通し、内部機構の鑑賞が表側から可能となるのだ。

 

中まで黒で統一したモダンデザイン
幾何学的にくり抜かれたムーブメントブリッジ。これに加え、針、インデックス、外周リングなどにブラックコーティングを施した。

星型ローターを擁す3針用の主力ムーブ
搭載するのはエル・プリメロではなく、もうひとつの名機「エリート」。裏面から眺めるゼニススターを象った大型ブリッジも見もの。

夜光塗料を施した黒針&インデックス
ブラック加工の針とインデックスの中央部にブラックスーパールミノバをセット。明るい場所では黒いまま、暗闇では高輝度で光る。

<b>中まで黒で統一したモダンデザイン</b><br>幾何学的にくり抜かれたムーブメントブリッジ。これに加え、針、インデックス、外周リングなどにブラックコーティングを施した。
<b>星型ローターを擁す3針用の主力ムーブ</b><br>搭載するのはエル・プリメロではなく、もうひとつの名機「エリート」。裏面から眺めるゼニススターを象った大型ブリッジも見もの。
<b>夜光塗料を施した黒針&インデックス</b><br>ブラック加工の針とインデックスの中央部にブラックスーパールミノバをセット。明るい場所では黒いまま、暗闇では高輝度で光る。

 

[時計Begin 2019 SUMMERの記事を再構成]
写真/岸田克法 文/岡崎隆奈

PICK UP