2019.08.21

ゴツいケースにすっきりダイヤルのダイバーズウォッチに“ギャップ萌え”!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ゴツいケースにシンプル表示、このギャップがたまらない!

いかに優れた防水性能によって海中で動いても、ダイヤルが見づらければ意味がない。前述したISOが定めるダイバーズウォッチの要求事項でも、視認性は重要な項目だ。海中での高い視認性を得るために、ダイヤルはシンプルに仕立てるのが鉄則。見やすくシンプルで機能的なダイヤルのデザインは、いつまでも古びない。

緩急スクエア型

分単位の表示を主眼とした形状で、4方向を大きくしているから“緩急”。デザイン的にもサイズの大小が容易だ。同サイズとしている場合は、別に数字の分目盛りが置かれる。

 

クッキリ見やすい目盛り

マットブラックのダイヤルに、蓄光塗料のルミブライトによる白いインデックスが、クッキリと浮かぶ。6時と9時位置では他の約2倍の長さに。12時は二重のインデックス形状とした。

 

SEIKO(セイコー)
プロスペックス 1970
メカニカルダイバーズ復刻
デザイン SBDX031

伝説が現代に蘇る"植村ダイバーズ"
冒険家・植村直己氏が愛用した1970年ダイバーズの特徴的な姿を可能な限り忠実に再現したモデル。防水性が向上するなど性能はアップ。限定2500本。自動巻き。径45㎜。SSケース。シリコンストラップ。200m防水。45万円。7月発売予定。お問い合わせ先:セイコーウオッチお客様相談室

 

FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)
レイダーディープブルー

レトロチックな個性派ダイバー
鮮やかな青のダイヤルに、横長のインデックスが並び、その外側に分目盛りを配置。ケースはクッション型、逆回転防止ベゼルと別に12角形ベゼルを持つなど外観はレトロで個性的。自動巻き。径41㎜。SSケース&ブレスレット。300m防水。31万円。お問い合わせ先:スイスプライムブランズ

 

BLANCPAIN(ブランパン)
フィフティ ファゾムス
バチスカーフ デイ・デイト 70s

バーインデックスに溶け込むデイ・デイト
植字のバーの外側にアラビア数字の目盛りを置く、1970年代モデルを再現。ダブルインデックスにデイ・デイト窓が馴染んでいる。ダイヤルのグレーグラデも美しい。限定500本。自動巻き。径43㎜。SSケース。カーフストラップ。300m防水。125万円。お問い合わせ先:ブランパン ブティック銀座

 

高い視認性をかなえる大型の針とインデックス

高水圧に負けない屈強なケース、潜水時間が計れる目盛り付きの回転ベゼル。これら2つに加え、ダイバーズウォッチの外観を特徴付けるのが、ダイヤルである。

前述のISO6425の要求事項の2、視認性/暗所25㎝の距離から目視で判読可能──この条件を満たすために、ダイバーズウォッチのダイヤルはシンプルで、多くは針とインデックスが大きい。シンプルなのは、見やすくするため。大型の針とインデックスは、蓄光塗料をより多く載せるためだ。ダイヤルには黒などの濃い色が多用され、蓄光塗料と明確なコントラストを成す。潜水時間は、分単位の計時なので、分針と時針とは太さや色、長さなどで切り分けてもいる。インデックスにスクエアやドットが多いのは、同じく分単位の表示を重視しているから。また分針位置の目安になるよう4方向(12・3・6・9)だけ形状やサイズを変えている。とはいえ、アラビア数字が視認性に劣るというわけではない。12個それぞれ異なる形状が、やはり分針位置の目安になってくれる。これら針とインデックスによって、ダイバーズウォッチのダイヤルは、シンプルでも力強い。

 

[時計Begin 2019 SUMMERの記事を再構成]
写真/岸田克法、小澤達也(Sutudio Mug) 文/高木教雄 構成/市塚忠義

PICK UP