2019.03.18

編集部員の「欲しい!」時計インプレッション(セイコー プロスペックス SBDX023)第1回「まずはカチカチ」の巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「欲しい!」時計 :SEIKO PROSPEX(セイコー プロスペックス)「SBDX023」

SEIKO PROSPEX(セイコー プロスペックス)「SBDX023」

SEIKO PROSPEX(セイコー プロスペックス)「SBDX023」

2018年末に発表されたプロフェッショナル・ダイバーズ。防水性能は300m防水(飽和潜水)。搭載するムーブメントは日差+15秒~-10秒の精度を誇る自動巻きの「8L35」。ベゼルの表示板素材はセラミックス。パワーリザーブ約50時間。毎時2万8800振動。ケース径44.3㎜。SSケース&ブレスレット(シリコンストラップ付属)。32万円。
お問い合わせ先:セイコーウオッチお客様相談室 Tel.0120-061-012

リポーター : 『時計Begin』編集スタッフ・市塚忠義

第1回「まずはカチカチ」の巻

新作発表会などで時計の新作に触れる機会があったとき、その時計に回転ベゼルがついていれば、とりあえず回してみる。ダイバーズであれば回転ベゼルはマスト機能だから、必ず「回す」ことができる。なぜ、回すかって? クロノグラフが目の前にあったら、まずはプッシュボタンを押して、その押し心地を確かめる……、それと一緒。僕の場合は、この「カチカチ」と回す方が、ダンゼン楽しい。逆回転防止機能を確かめる目的もあるけど、この「カチカチ」の感触で、ある程度クオリティが分かるからだ。

実際に海に潜るダイバーでなくとも、日常生活の中で経過時間を計りたいときなど、腕時計に回転ベゼルが付いていると、なにかと便利。

 

ここ最近、セイコーから本気モードのダイバーズが続々と登場している。お値段もソコソコ本格的。いったいどのへんが「本気」なのか、どうしても気になる~、というワケで、いざインプレッションです! 最新作「SBDX023」のリポートは、冒頭にあるように、やっぱり「カチカチ」のリポートから始めたいと思う。

「SBDX023」の回転ベゼルを1周させると、120回カチカチと音が鳴る。秒インデックスのバー目盛りは「60」あるから、「1」目盛り進む間に、2回カチカチと音が鳴る。これはベゼルの内側にある歯(クリックバネの溝)の数は60だが、そこに板バネを半溝ズラしてセットすることで「120クリック」を実現しているのだそうだ。

この120という数値自体は、一般的かもしれない。でも「SBDX023」は、このカチカチの感触が抜群にいい。もし、回転ベゼル搭載の腕時計をお持ちなら、ぜひこの感触を確かめていただきたい。

「ガリガリガリ」「スルスルスル」っといった音で回る場合、ちょっと残念なベゼルと言える。「ガーガガッガッ」と、規則的に音が鳴らない場合は、なにか不具合があるのだろう。感触を言葉で伝えるのはとても難しいけれど、「SBDX023」の場合、「カチカチ」というよりは、もう少し高音で「ミリミリ」といった音に聞こえる。まるで超高精度なダイヤル式の金庫のようだ。

そしてインデックス目盛りのど真ん中で、ピタっと止まる。これがメチャクチャ気持ちいい。回転ベゼルは計測のためのものだから、これはとても重要なこと。さらに回転ベゼルの表示板はセラミック製だという。どおりでキズがつかないワケだ。

回転ベゼルは十分な高さがあり、実際に回してみると、この「高さ」があるおかげで指への引っかかりが良く、確実な操作を行なうことができる。

いまどき、ダイバーズは高防水なタイプでもアンダー10万円で見つかる。セイコー・ダイバーズのなかでも、プロスペックス「SBDX023」の32万円という価格は、高い部類に入るかもしれない。しかしそこには、プロスペックスの「プロフェッショナル」としてのプライドが、ベゼル1つをとってみても、クオリティに表れていると分かった。

(つづく)

第2回はこちら

PICK UP