2019.05.31

編集部員の「欲しい!」時計インプレッション(セイコー プロスペックス SBDX023)第2回「海外勢に人気の謎」の巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

リポーター : 『時計Begin』編集スタッフ・市塚忠義

第2回「海外勢に人気の謎」の巻

第二回のレポを始める前に、前回レポの訂正をさせてください。ベゼルの歯(溝)の数は「120」と書きましたが、それは誤り。正しくは、溝の数は「60」。板バネを半溝ズラしてセットすることで「120クリック」を実現しているとのこと。知ったかぶりしてしまいました~スイマセン。(記事は訂正済みです。)

で、しつこいですが、回転ベゼルの話をもう一つ。去る3月のバーゼルワールドで何百本という新作時計に触れる機会があったのですが、ここでもダイバーズを見つけたら必ず「カチカチ」と回してみたところ、セイコーダイバーズのベゼルに一番感触が近かった「カチカチ」は、ロレックスのシードゥエラーを筆頭とするプロフェッショナル系のスポーツモデルでした。ダイバーズウォッチは数あれど、ベゼルの回した感触はどれも違うから、「カチカチ」はやめられません!

モデルは違いますが、セイコーのダイバーズウォッチの回転ベゼルと、その内側にセットされる2枚の板バネ。モデルによっては、この板バネが輪状になり、1枚だけのものも存在する。

 

さて、ここからが第2回の本題、スイス、バーゼルワールドでの体験談です。

バーゼルワールドの取材では、時計関係者、特に時計開発者に合って話を聞くことが多いのですが、彼らは会うなり、私が腕につけているセイコーダイバーズに気がつき「その時計見せて」と……。

それが一人や二人ではないんです。某ラグジュアリーブランドのイタリア人デザイナーから、ドイツ系ブランドの設計者、果てはホテルのエレベーターで出くわした見知らぬ外国人まで。最後の人は別として、誰もが「このディテールを実現するのに、いくらかかる」を知っているプロばかり。そんな彼らが、時計をなめまわすように見てから「グレイト!」と言うわけです。

それにしても何故、海外勢からこんなに注目を集めるのだろう……。そんな謎が、あるとき偶然にも解けました。

日本が誇る工業デザイナーであるケンオクヤマこと奥山清行(おくやまきよゆき)氏。イタリア人以外で初めてフェラーリをデザインしたことは言うまでもありませんね。

 

取材で訪れたバーゼルワールドのセイコーブース。何故かそこに、海外メディアに囲まれるケンオクヤマ氏の姿が。

ちょっとだけ話せる時間があったので、なぜここにいるのか聞いてみると「いまセイコーの”裏プロデューサー”として仕事をしているんです」とのこと。「ではプロスペックスも、オクヤマさんが?」と思わず聞くと「そうですよ(笑)」と教えてくれた。

もちろん彼は、“裏”ではなく正式にセイコープロダクトに参加しており、特に今年の新作であるセイコースポーツの頂点「LX(ルクス)ライン」をはじめとするプレミアム領域では、重要な役割を担っている。

あらゆるプロダクトにおいて、海外事情を知り尽くしているケンオクヤマ氏。プロスペックスが、海外で人気なのは、なるほど、そういうことだったのね。最後にオクヤマ氏は「何年経っても変わらない価値ある時計、そんな”ブレない”時計作りを目指しています」と力説した。

 

 

「欲しい!」時計 :SEIKO PROSPEX(セイコー プロスペックス)「SBDX023」

SEIKO PROSPEX(セイコー プロスペックス)「SBDX023」

SEIKO PROSPEX(セイコー プロスペックス)「SBDX023」

2018年末に発表されたプロフェッショナル・ダイバーズ。防水性能は300m防水(飽和潜水)。搭載するムーブメントは日差+15秒~-10秒の精度を誇る自動巻きの「8L35」。ベゼルの表示板素材はセラミックス。パワーリザーブ約50時間。毎時2万8800振動。ケース径44.3㎜。SSケース&ブレスレット(シリコンストラップ付属)。32万円。
お問い合わせ先:セイコーウオッチお客様相談室 Tel.0120-061-012

 

 

(つづく)

PICK UP