ENCYCLOPEDIA 事典

トゥールビヨン

18世紀末、アブラアン・ルイ・ブレゲにより開発された複雑機構。ムーブメント中枢部である脱進・調速機を、キャリッジと呼ばれる籠に収め、一定速度で回転させることで、重力による精度の誤差を補正する。1分で1回転するタイプは、秒針の役割も果たす。

SEARCH 時計・記事を探す

時計 登録本数1886本!

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ