2020.07.22

防水時計の先駆者が選んだ理想の外装マテリアル【10万円台時計の魅力と実力】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

チタニウム
軽くて丈夫、質感にも優れる高級素材をフル投入!
防水時計の先駆者が選んだ理想の外装マテリアル

20気圧防水の本格ダイバーズ。ケース&ブレスレットに“メリットしかない”チタニウムを用い、日常シーンでの利便性も抜群!

難易度の高い素材を
自在に操り、実用性を追求

ミドーは多彩なラインナップで知られるが、とりわけダイバーズに関しては先駆者的存在として知られる。同社は1930代年にコルクを用いた独自の密閉式リューズを開発。1959年にその進化型とモノコック構造の防水ケースを組み合わせた初代「オーシャンスター コマンダー」を発表している。その後、長年の系譜のなかで着実に進化を遂げ、その実力は特筆モノ。これをダイビングでしか使わないという手はないだろう。

このモデルの重要なポイントはケースとブレスに用いられるチタニウム。チタンは耐性に優れるほか金属アレルギーのリスクも低く、重量が通常のSSの約60%。なかでも高級モデルで採用されることの多いグレード2の純チタンを用い、切削・加工が難しい同素材を細部まで極めて精緻に仕上げている。ムーブメントは80時間パワーリザーブのキャリバー80。中も外もぬかりなしのハイスペックだ。

ココが実力!
ケース&ブレスが純チタン

 

機能性、美観を極めた
実用モデルの決定版

ミドー
オーシャンスター チタニウム

裏蓋にもチタンを用いて重量123gを実現。ケース厚は11.75㎜で、ライト&スリムなダイバーズに仕上がった。約80時間連続駆動する。キャリバー80搭載。自動巻き。径42.5㎜。チタニウムケース&ブレスレット。20気圧防水。12万3000円。問い合わせ:ミドー/スウォッチ グループ ジャパン

純チタンは独自の"粘り"があるため切削が難しく、複雑な形状にするには高度な技術が要求される。このモデルでは、ラグやブレスの流麗なラインが見事に成形されている。

<b>ミドー<br>オーシャンスター チタニウム</b><br>裏蓋にもチタンを用いて重量123gを実現。ケース厚は11.75㎜で、ライト&スリムなダイバーズに仕上がった。約80時間連続駆動する。キャリバー80搭載。自動巻き。径42.5㎜。チタニウムケース&ブレスレット。20気圧防水。12万3000円。<strong>問い合わせ:</strong>ミドー/スウォッチ グループ ジャパン
純チタンは独自の"粘り"があるため切削が難しく、複雑な形状にするには高度な技術が要求される。このモデルでは、ラグやブレスの流麗なラインが見事に成形されている。

 

[時計Begin 2020 SPRINGの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ