2021.08.25

ミドーが待望のクロノグラフを投入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Mido
待望のクロノ投入

メカニズムと色でダイバーズが新味を発揮

昨秋発表されながらローンチが遅れていた「オーシャンスター」初のクロノグラフが、本格的な日本上陸を開始した。搭載するCal.60は、60時間駆動の自動巻きと実用性に優れる。「オーシャンスター トリビュート」には、カーキの新色を追加。既存の黒と青も、ゴールドIPでおめかしした。問い合わせ:ミドー/スウォッチ グループ ジャパン

 

価格以上の価値を持つ

オーシャンスタークロノグラフ
初のクロノは、ダイヤル外周に船舶用のマイル単位のタキメーターが備わる。ダイヤルと完璧に色合わせされた逆回転防止ベゼルは、セラミック製。これで税込アンダー30万円は破格だ。自動巻き。径44mm。チタンケース&ブレスレット。200m防水。29万1500円。発売中。

しかもチタンケース

軽くて耐蝕性も抜群!
大振りなブレスレットウォッチながら、オールチタンにより総重量151gと軽量に仕上がった。

 

デイデイト装備で実用性も◎

オーシャンスター トリビュート
1960年代製ダイバーズを再解釈したレトロな外観が、トレンド感のあるカーキをまとった。秒針のオレンジがアクセント。ストラップも雰囲気がいい。自動巻き。径40.5mm。SSケース。ファブリックストラップ。200m防水。11万3300円。発売中。

ブルーはケースをゴールドIPに。ファブリックストラップ。12万5400円。黒はベゼルに金色を差した。SSブレスレット。13万900円。

 

[時計Begin 2021 SUMMERの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ