2022.07.26

「色褪せない」ラド―のセラミックはペアウォッチに最適!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

生涯をともにするパートナーと、指輪を揃えるのは定番の儀式。ではこの指輪の代わりに、腕時計を贈り合うカップルが増えているのを、ご存知だろうか。確かに愛の絆なら、指輪でなくたっていい。何より腕時計なら実用的だし、肌身離さず愛用できるアイテムに相応しい。そんなペアウォッチとしておすすめしたいのがラドーだ。

トゥルー スクエア オートマティック オープンハート/ブレスレット一体型のスクエアケースが個性的。100m防水。自動巻き。ケース幅38㎜。ハイテクセラミックケース&ブレスレット。右29万1500円。左36万3000円(インデックスに12個のダイヤモンド)。

ラドーといえば、1986年に腕時計に初めてセラミックを採用したブランドとして有名。現在も、業界トップのセラミック技術を誇るスウォッチグループ傘下のケース工房、コマデュール社と最も深い関わりを持っている。セラミックのカラーや素材の表現力では、他の追随を許していないわけだが、このセラミックという素材が、ペアウォッチには最適なのである。

窯で焼成するセラミックケースには、傷がほとんどつかない。何十年と使い続けても、新品のような輝きを保ち続けることができるのだ。実際、10年間使ったラドーのセラミック時計と新品とを比べたことがあるが、どちらが新品か見分けるのは至難の業だった。2人の愛を誓うのなら、永遠に”傷つかない”ほうが、いいだろう。

 

お問い合わせラドー公式ページ

[時計Begin 2022 SUMMERの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ