2022.08.05

2022注目の新作:<A.ランゲ&ゾーネ>時計師泣かせの「0.6mm」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

グランド・ランゲ1/袖口を邪魔しない新薄型ケースは、シックなグレーダイヤルとの組み合わせに。インダイヤルの外周は滑らかな傾斜に整えた。針位置も目いっぱい下げられ、組み立てはより困難。手巻き。径41㎜。18KWGケース。アリゲーターストラップ。3気圧防水。589万6000円。発売中。

やや大振りな41mmケースに専用ムーブを積む「グランド・ランゲ1」の外装を一新。アウトサイズデイトのフレームと植字インデックスの厚みを削り、表裏のサファイアクリスタルのクリアランスをギリギリに詰めたことで既存の8.8mm厚から8.2mmへと薄型化した。これまでよりはるかに繊細な時計師の作業が、マイナス0.6mmをかなえる。

グランド・ランゲ1の18KPGケースは、針と植字も同じくPG製で温かみある印象に。搭載するCal.L095.1は、チラネジによるフリースプラング。589万6000円。

またラグスポの「オデュッセウス」からは、ランゲ初のチタンモデルが限定で登場。さらに「リヒャルト・ランゲ」には、新開発ミニッツリピーターが搭載された。同機構のアナログ式への単独搭載は初。15分単位の打鐘が不要な場合に時・分の音色が連続して鳴る一時休止省略機能など、ランゲらしい革新性が潜む。

 

軽やかでクールな装い「オデュッセウス」

 

オデュッセウス/初のチタン製はアイスブルーのダイヤルでクールに装った。外装のマット部は繊細な梨地とし、静謐な印象を得ている。ブティック限定250本。自動巻き。径40.5㎜。チタンケース&ブレスレット。12気圧防水。価格要問い合わせ。6月発売予定。

 

 

ファン待望の複雑機構「リヒャルト・ランゲ・ミニッツリピーター」

 

リヒャルト・ランゲ・ミニッツリピーター/アナログ式リピーター専用の新キャリバーは、作動時にリューズの引き出しをブロックする機構など、3つの機能を搭載。ブティック限定50本。手巻き。径39㎜。Ptケース。アリゲーターストラップ。2気圧防水。価格要問い合わせ。9月発売予定。

 

お問い合わせ:A.ランゲ&ゾーネ

[時計Begin 2022 SUMMERの記事を再構成]

 

 

 

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ