2020.05.26

ローターがないのに自動巻き? 回転ローターはなんと文字盤の下

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ッション型のケースとブレスレットとが、滑らかな曲線で融和する様子は、初期のエルゴノミクス・デザインを彷彿とさせる。H.モーザーは、初となるクロノグラフをレトロでダイナミックに仕立ててみせた。

ケース上部の左右にプッシュボタンを、ダイヤル中央に秒・分積算計針を同軸に装備しているのも、非常に独創的だ。そのムーブメントは、自社製だけを搭載してきたH.モーザーとしては異例のアジェノー社製を採用している。設計は、巧妙にして斬新。主輪列を円形に構築し、中央のスペースにユニット化したクロノ機構が収まる。秒と分の各積算計車を上下に重ねることで、コンパクト化。水平クラッチで秒積算計車に伝達された駆動力は、垂直クラッチで分積算計車に伝わる仕組みだ。

さらに革新的なのは、水平クラッチの駆動伝達にディスクを用いている点。各ディスクの外縁をヤスリ状として、その摩擦力で伝達することで、クロノ・スタート時の初動が、極めてスムーズになった。

さらに自動巻きローターをダイヤル側に置くという大胆な構造を採用。水平クラッチならではの構築美をケースバックに覗かせて、精緻なメカニズムを実感することができるのだ。

全てが新設計のコレクション!

H.MOSER & CIE.(H.モーザー)
ストリームライナー・フライバック
クロノグラフ オートマティック
分秒目盛りが主役のレーシィ顔
センター同軸の分・秒の各クロノ針は、先端を蓄光する特殊なセラミックで造作。ヘアラインのダイヤルは、得意のフュメで仕上げた。限定100本。自動巻き。径42.3㎜。SSケース&ブレスレット。480万円。問い合わせ:イースト・ジャパン

<b>H.MOSER & CIE.(H.モーザー)<br /> ストリームライナー・フライバック<br/> クロノグラフ オートマティック<br/> 分秒目盛りが主役のレーシィ顔<br/> </b>センター同軸の分・秒の各クロノ針は、先端を蓄光する特殊なセラミックで造作。ヘアラインのダイヤルは、得意のフュメで仕上げた。限定100本。自動巻き。径42.3㎜。SSケース&ブレスレット。480万円。<strong>問い合わせ:</strong>イースト・ジャパン

 

今あるクロノでは最高のメカです
本社から新作を携え、セールス責任者のニコラス・ホフマン氏が来日。「クロノグラフの開発には時間が掛かるため、アジェノー社と手を組みました。最良の選択をしたと、自負しています。限定モデルとして発表したストリームライナーは、新"コレクション"。今後も、展開していきます」。

装着性に優れるブレス一体型
人間工学に基づくケースとブレスは、フィット感抜群。特異なプッシュボタンの配置も、着けたまま操作がしやすい。クロノ針の先端は緩やかに曲げられ、目盛りを正確に指す。秒積算計車にはカタツムリ型のスネイルカムが備わり、その先端が分積算計車を1 分毎に押し、針をジャンプさせる。

 

[時計Begin 2020 SPRINGの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ