2021.12.30

ブライトリングとSUGiが植樹イベントを日本初開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

植樹イベントには城山幼稚園、城山みどり幼稚園に通う128名の園児とその家族が参加した。

子供たちと共に森を復活!
ブライトリングとSUGiが植樹イベント日本初開催

2021年10月23日、ブライトリングが「SUGi」のサポートのもと、東京都板橋区の城山熊野神社境内で植樹イベントを開催した。

今回イベントをサポートした「SUGi」は、都市圏にミニサイズの森林を作り、コミュニティを構築・復元する手段を住民に提供する国際団体。これまでアメリカ、オーストラリア、カメルーンなど12か国で80以上の森を作ってきた。

イベントには近隣の幼稚園児たちのほか、ゲストの北極冒険家・荻田泰永氏と冒険家のGaru chanが参加。目黒伸一博士(国際生態学センター)の指導を仰ぎつつ、本来この地域に生息すべきシラカシ、スダジイ、タブノキなど14種、計1000本の苗木の植樹を行った。

 

指導した目黒博士は、30㎝程度まで根を育てたポット苗を植樹する「宮脇方式」を提唱した故・宮脇氏の弟子。これにより短時間で森ができ苗木を密集して植えることで成長と淘汰を促す。

 

ブライトリングのサスティナビリティへの取り組み

リサイクル素材で作られたストラップ

スーパーオーシャン ヘリテージ クロノグラフ44 アウターノウンで採用したのは、漁網などのナイロン廃棄物で作られたECONYL®︎ヤーンストラップ。環境保護に積極的なブランド「アウターノウン」とのコラボにより生まれた。

 

再利用できる小型ボックス

折りたたみ式ウォッチボックス

ブライトリングがペットボトルのアップサイクル素材で作った折りたたみ式時計ボックスを導入。従来の大型から小型の組み立て式に移行してサスティナブルを強調するとともに、トラベルポーチとして使えるメリットも。

 

新作の日本限定モデル

スーパーオーシャン オートマチック 42 ジャパンエディション

直径42㎜のスーパーオーシャンでは初のオールバーインデックスを採用した日本限定モデル。シンプルかつシャープなデザインにより、ビジネスシーンにも最適な仕様となる。自動巻き。SSケース。ラバーストラップ。54万4500円。問い合わせ:ブライトリング・ジャパン

 

[時計Begin 2022 WINTERの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ