2022.05.25

ユリス・ナルダン「天文三部作」の流れを汲む「ブラスト ムーンストラック」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ユリス・ナルダン
ブラスト ムーンストラック

太陽と月の位置、ムーンフェイズ、ワールドタイムなどを3D構造の文字盤で視覚的に表示。自社製キャリバーUN-106を搭載。自動巻き。径45㎜。セラミック&DLCチタンケース。アリゲーターストラップ。951万5000円。

 

ユリス・ナルダンが今年発表した新作「ブラスト ムーンストラック」は、かつてルートヴィヒ・エクスリン博士が手がけた名作「天文三部作」の流れを汲む複雑機構モデル。セラミックとブラックチタンケースに、夜空を表すアベンチュリン製ディスクとドーム型クリスタルの地球儀による宇宙空間を作り上げた。

その3D文字盤上で、地球から見た太陽と月の動きのほか、40年で1日の誤差しか生じない高精度ムーンフェイズ、世界24都市のワールドタイムなどを表示。天文表示は非常に複雑かつ難解だが、このモデルはそれらを視覚的にわかりやすく再現してくれる。

 

お問い合わせユリス・ナルダン公式サイト

[時計Begin 2022 SPRINGの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ