2022.07.20

小さくなってもビッグなアイコン「40㎜の3針ビッグ・バン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ウブロの定番モデル「ビッグ・バン」。力強いケースデザインが決定的なアイコンだ。ビッグ・バンを選ぶ人は、その存在感に惚れ込み、購入を決意するのだろう。でも「あともう少し、控えめだったら……」と考える人も少なくないはず。そんな人に朗報。コンパクトな40㎜の3針ビッグ・バンが誕生した。総合型専用ブレスレットを持つインテグラルにおいては、初の試み。コマが細かく可動部分の多いブレスとの組み合わせで、フィット感も上々だ。

ウブロ ビッグ・バン インテグラル タイムオンリー チタニウム/ケースも、これまでにない薄さに仕上がっている。パワーリザーブ約50時間のキャリバーMHUB1710。10気圧防水。自動巻き。径40㎜。チタニウムケース&ブレスレット。207万9000円(予価)。

インテグラルのクロノグラフと比べると、サファイアクリスタルの文字盤もスッキリ。日付表示リングが特徴的にくり抜かれ、その動きを楽しむことができる。文字盤側のムーブメントにはサテン仕上げを施し、マットにすることで光の反射を防止と、視認性への配慮も忘れてはいない。1980年、ゴールドのケースに、当時としては考えられないラバーを組み合わせることで始まったウブロのイノベーション。

インテグラルのクロノグラフと比べると、サファイアクリスタルの文字盤もスッキリ。日付表示リングが特徴的にくり抜かれ、その動きを楽しむことができる。文字盤側のムーブメントにはサテン仕上げを施し、マットにすることで光の反射を防止と、視認性への配慮も忘れてはいない。1980年、ゴールドのケースに、当時としては考えられないラバーを組み合わせることで始まったウブロのイノベーション。

以来、守り続けてきたルールは、先駆けであること、ユニークであること、唯一無二であること。その情熱は、ブランド設立から40年以上が経った今も、全く衰えてはいないようだ。

TOPICS:クラシックなイエローゴールド復活!

ウブロ久々のイエローゴールドケースも大復活した。上右/クラシック・フュージョン クロノグラフ、313万5000円。上左/ビッグ・バン インテグラル、611万6000円。下右/スピリット オブ ビッグ・バン、471万9000円。下左/ビッグ・バン ウニコ、427万9000円。

お問い合わせウブロ公式サイト

[時計Begin 2022 SPRINGの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ