2019.06.04

ルイ・ヴィトンの自社工房が生み出したユニークな新作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ルイ・ヴィトンのタイムピースから新作として、ユニークなジャンピングアワーモデルと、コンプリケーションが発表された。どちらも自社で開発したムーブメントを搭載。時計専業メーカーも驚くような技術が詰まっている。

時の表示が宙に浮く!? 「タンブール スピン・タイム エアー」


「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー グレー」。自動巻き。径42.5㎜。18KWGケース。アリゲーターストラップ。646万円(参考価格)。

スピン・タイムは、12個の回転するキューブで、「時」を表示するという特許取得のムーブメントを搭載するモデル。ムーブメント自体は2009年に開発され、スピン・タイムのバリエーションに搭載されてきたが、この新作では、自社の時計製造アトリエ「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」の職人たちの手により、まるで宙に浮いているようにセットされたキャリバーLV88へと進化し、タンブール スピン・タイム エアーというモデルに結実した。

原理はこれまでのモデルと同じながら、そのムーブメントは2枚のサファイアガラスに挟まれたケースの中心部で、モチーフの下に収められている。12個のキューブはそこから衛星のように宙に浮かび、60分ごとに隣り合った2つのキューブが瞬時に回転し、現在時刻を表示するのだ。

バリエーションは、メンズが3種、レディスが4種用意されている。

「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー ブルー」。自動巻き。径42.5㎜。18KWGケース。アリゲーターストラップ。646万円(参考価格)。

「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー グレー フルパヴェ」。自動巻き。径42.5㎜。ダイヤモンドセッティングの18KWGケース。アリゲーターストラップ。1536万円(参考価格)。

「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー ディアモン ブラック」。自動巻き。径42.5㎜。ダイヤモンドセッティングの18KWGケース。アリゲーターストラップ。846万円(参考価格)

「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー ディアモン ピンク」。自動巻き。径42.5㎜。ダイヤモンドセッティングの18KWGケース。アリゲーターストラップ。846万円(参考価格)。

「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー ディアモン ブラック フルパヴェ」。自動巻き。径42.5㎜。ダイヤモンドセッティングの18KWGケース。アリゲーターストラップ。1536万円(参考価格)。

「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー ディアモン ピンク フルパヴェ」。自動巻き。径42.5㎜。ダイヤモンドセッティングの18KWGケース。アリゲーターストラップ。1434万円(参考価格)。

「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー ブルー」。自動巻き。径42.5㎜。18KWGケース。アリゲーターストラップ。646万円(参考価格)。
「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー グレー フルパヴェ」。自動巻き。径42.5㎜。ダイヤモンドセッティングの18KWGケース。アリゲーターストラップ。1536万円(参考価格)。
「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー ディアモン ブラック」。自動巻き。径42.5㎜。ダイヤモンドセッティングの18KWGケース。アリゲーターストラップ。846万円(参考価格)
「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー ディアモン ピンク」。自動巻き。径42.5㎜。ダイヤモンドセッティングの18KWGケース。アリゲーターストラップ。846万円(参考価格)。
「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー ディアモン ブラック フルパヴェ」。自動巻き。径42.5㎜。ダイヤモンドセッティングの18KWGケース。アリゲーターストラップ。1536万円(参考価格)。
「タンブール オトマティック スピン・タイム エアー ディアモン ピンク フルパヴェ」。自動巻き。径42.5㎜。ダイヤモンドセッティングの18KWGケース。アリゲーターストラップ。1434万円(参考価格)。

 

 

2つの複雑機構が一体化した「ヴォヤジャー ミニッツ・リピーター フライングトゥールビヨン」


「ヴォヤジャー ミニッツ・リピーター フライングトゥールビヨン ホワイトゴールド」。ポリッシュとサテンの組み合わせで仕上げられたヴォヤジャーケース。手巻き。ケース径42㎜。18KWGケース。アリゲーターストラップ。3173万円(参考価格)。

こちらも自社工房で開発された、トゥールビヨンとミニッツ・リピーターという、腕時計界における2つの超複雑機構を一体化させたムーブメントを搭載する新作だ。このムーブメントは「ヴォヤジャー」という丸と四角の中間のような形をしたケースに収められ、シースルーのフロント、ケースバックのどちらからも、その精緻な動きを視認できる。また、2つの複雑機構を搭載しながらもケース径42㎜、厚さ9.7㎜に抑えられている点も特筆するところだ。

ミニッツ・リピーターは、任意の時刻をボタン操作で音によって知らせてくれる機構で、このモデルでは、8時位置のトリガーを操作すると、2つのゴングと2つのハンマーが、異なる音で、時(低音)、四半時(低・高二重音)、分(高音)を知らせてくれる。その音色にはルイ・ヴィトンでは初めてとなるカテドラル・ゴングが採用され、共鳴時間が長く、より深みのある音を奏でる。

一方のトゥールビヨンは、姿勢差による重力の影響を回避し、精度をキープする機構。このモデルはブリッジのないフライングトゥールビヨンとなっており、ケージが5時位置に配され、「V」の字が、スモールセコンドの役割を果たしている。

ホワイトゴールドケースと、それにダイヤモンドセッティングされたものを用意。

 

「ヴォヤジャー ミニッツ・リピーター フライングトゥールビヨン ホワイトゴールド フルパヴェ」。ケースに総重量8カラットのバゲットカット・ダイヤモンドをセッティング。手巻き。ケース径42㎜。18KWGケース。アリゲーターストラップ。5127万円。

「ヴォヤジャー ミニッツ・リピーター フライングトゥールビヨン ホワイトゴールド フルパヴェ」。ケースに総重量8カラットのバゲットカット・ダイヤモンドをセッティング。手巻き。ケース径42㎜。18KWGケース。アリゲーターストラップ。5127万円。

 

 

お問い合わせ先:ルイ・ヴィトン カスタマーサービス  TEL 0120-00-1854

PICK UP