2021.04.13

ジン伝統のコックピットクロックが精悍なリストウォッチとなって復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1960〜70年代、パイロットウォッチとともに、軍用コックピットクロックでも名を馳せたジン。そのひとつで、’70年代後半にドイツ空軍のトルネード計画のために開発されたのが「Nabo 17 ZN」だ。今回、このコックピットクロックをモチーフとする新作腕時計「717」が登場した。

新作はクロノグラフキャリバーSZ01を搭載し、オリジナルと同じく、センター同軸の2本のオレンジ針で秒・分の積算時間を表示。精悍で耐傷性の高いブラック・ハード・コーティングのケースに、外側からスムーズに操作できるインナー・パイロットベゼルを備え、文字盤もコックピットクロック同様、暗闇や悪天候でも優れた視認性を発揮する。

また、ジン独自のArドライテクノロジーによって風防の曇りを防ぎ、さらには精度の安定も確保。伝統的なコックピットクロックに劣らぬ信頼性を発揮するモデルに仕上がった。

ジン717/自動巻き。径45㎜。SSケース。カウレザーストラップ。20 気圧防水。予価88万円。6月発売予定。

ジン717/自動巻き。径45㎜。SSケース。シリコンストラップ。20 気圧防水。予価91万7400円。6月発売予定。

ジン717/自動巻き。径45㎜。SSケース。カウレザーストラップ。20 気圧防水。予価88万円。6月発売予定。
ジン717/自動巻き。径45㎜。SSケース。シリコンストラップ。20 気圧防水。予価91万7400円。6月発売予定。

 

お問い合わせ:ホッタ Tel. 03-5148-2174
(文/岡崎隆奈)

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ