2022.05.19

クル・ド・パリ装飾ケースが特徴のヴィンテージライクな「新作カラトラバ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

パテック フィリップのラウンド型モデルの総称となる「カラトラバ」。このコレクションに待望のニューモデルがエントリーした。新作「5226」はセンターセコンドの日付表示付きモデル。まず目につくのはその文字盤であり、外周に向かって濃くなるグラデーション仕様のアントラサイト文字盤は、表面に細かなざらつきのあるテクスチャーをもたせ、アンティークカメラの外装を思わせるデザインに。その上に配したホワイトゴールド製のシリンジ(注射器)型針にはベージュの夜光を施し、3時位置のデイト表示も黒地にベージュで示すことで、統一感あるヴィンテージ風の仕上がりとなっている。

一方、ホワイトゴールド製のカラトラバケースには、側面の全周に“パリの舗道”を意味する伝統的なクル・ド・パリ装飾を刻み、洗練されたスタイルのなかに個性を与えた。

内部には21Kゴールドローターが高効率な巻き上げを行う自動巻きキャリバー26-330 S Cが搭載され、ケース裏のシースルーバックを通してその様子を観賞することもできる。

また、ストラップはヌバック仕上げのベージュカーフ製のほか、エンボス加工ファブリック柄のブラックカーフ製のものが付属し、いずれもコンテンポラリーなヴィンテージデザインを引き立てている。

パテック フィリップ 5226/自動巻き。径40㎜。18Kホワイトゴールドケース。カーフストラップ。3気圧防水。451万円。

パテック フィリップ 5226/付属のエンボス加工ファブリック柄のブラックカーフ製を装着したところ。

パテック フィリップ 5226/自動巻き。径40㎜。18Kホワイトゴールドケース。カーフストラップ。3気圧防水。451万円。
パテック フィリップ 5226/付属のエンボス加工ファブリック柄のブラックカーフ製を装着したところ。

 

お問い合わせ:パテック フィリップ 公式サイト
(文/岡崎隆奈 構成/TAYA)

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ