2022.05.25

ローズゴールド色のオパーリン文字盤を備えた「パテック フィリップ自社製手巻きクロノグラフ」のニューバージョン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2009年に発表したパテック フィリップ初の完全自社製クロノグラフキャリバーCH 29-535 PS。2019年に登場したブルー文字盤モデルに続き、今年は新色のローズゴールドカラーモデルが加わった。

シリンジ(注射器)型の時分針と窪みを設けた2カウンターはそのままに、新作ではローズゴールドメッキのオパーリン文字盤を採用し、針はホワイト夜光のアントラサイトカラーにして、いっそうヴィンテージ感が際立つスタイルとなった。

また、3段のステップ付きラグやギョーシェ装飾を施したプッシュボタンもさりげなく個性を主張する。

さらに新作で搭載する自社製クロノグラフキャリバーCH 29-535 PSは、新しい歯形曲線、歯車の噛み合い調整の最適化、複針レバーの各ハンマーの自動位置決めなど、6つの特許技術を投入することで、よりクロノグラフおよび計時の精度と機能性を高めた。

ケースに採用したシースルーバックからは、伝統的アーキテクチャー(手巻き、コラムホイール、水平スクラッチ)を取り入れた美しく精緻な仕上げのメカニズムを堪能することも可能だ。

 

パテック フィリップ 5172/手巻き。径41㎜。18Kホワイトゴールドケース。アリゲーターストラップ。3気圧防水。929万5000円。

パテック フィリップ 5172のシースルーバックからは、美しい自社製クロノグラフキャリバーCH 29-535 PSを観賞することができる。

パテック フィリップ 5172/手巻き。径41㎜。18Kホワイトゴールドケース。アリゲーターストラップ。3気圧防水。929万5000円。
パテック フィリップ 5172のシースルーバックからは、美しい自社製クロノグラフキャリバーCH 29-535 PSを観賞することができる。

 

お問い合わせ:パテック フィリップ 公式サイト
(文/岡崎隆奈 構成/TAYA)

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ