2022.07.15

ついにオリジナル・ムーブメントも登場!? ベル&ロスの「裏番」がこっそり語った「大物待機」の2022後半戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ベル&ロスのジェネラル・マネージャー兼インターナショナル・セールス・ディレクターであるファビアン・ドゥ・ノナンクール氏。

 

ベル&ロスのツートップといえば、高校時代からの親友である社長のカルロス・ロシロ氏と、デザイナーのブルーノ・ベラミッシュ氏。しかしもう一人忘れてはならない重要な人物がいる。セールス部門のトップであり、ジェネラル・マネージャーでもあるファビアン・ドゥ・ノナンクール氏だ。あらゆるプロジェクトの「番頭」にベル&ロスの、現在・過去・未来を尋ねた。

Q ベル&ロスに入って12年、一番のビッグプロジェクトは?

A 商品のことを期待されているかもしれませんが、私の一番大きなミッションは、世界中の国々における「現地法人化」です。私が入った時、現地法人があるのはアメリカだけでした。現在は、イギリス、スペイン、シンガポール、マレーシア、中国、オーストラリア、そして日本などが現地法人化されています。と同時に進めてきたのが「ブティック化」。初のブティックはシンガポールでしたが、今では世界に17のブティックが存在します。世界各地に100%ベル&ロスの仲間がいることは、非常に重要なのです。正確なブランドの本質を知ってもらうことで、短期的ではなく長期的に成長していくことが必要です。このプロジェクトは、もちろん現在も進行中です。

写真はベル&ロスのお膝元、パリ初の直営店で2011年にオープンした。ただ意外にもベル&ロス初のブティックはパリではなくシンガポール。日本を含め、アジアでの人気も高いブランドだが、とりわけシンガポールでの認知度は非常に高い。

 

Q ベル&ロスが、他の時計ブランドと違う点を、1点あげるとすれば?

A  創設者の「仲良し2人組」が、今も変わらずブランドのトップにいることです。2人のうちひとりがデザイナー(ブルーノ・ベラミッシュ)であることも、非常に珍しい組み合わせではないでしょうか。この2人の考えていることが、そのままベル&ロスとして表現されるので、製品に関してもブレがないのです。例えば、あるブランドに新しいCEOが就任した場合、まずは業績を伸ばすために「変化」させることを好みますが、この2人の場合は、そうではありません。2人にとって、最終の目的地もベル&ロスなのです。

左が最高経営責任者であるカルロス・ロシロ氏。右がデザイナーのブルーノ・ベラミッシュ氏。彼らは高校時代からの盟友。互いに航空機やアビエーションウォッチに興味を持っていたことから、意気投合したという。

 

Q 新製品はどのように製品化されますか?(誰がアイデアを持ち寄るのか、モデル名やコレクション名、決定機関、スピード感、限定モデルの本数、価格の決定など)

A なかなか難しい質問ですが、ベル&ロスでは毎週月曜日の午後にプロダクトミーティングを必ず行います。参加者は5人。カルロスとブルーノ、それからマーケティングの責任者と商品開発の責任者、そして私です。このミーティングで重要な案件が決められていきます。私の役割としては、世界中を飛び回っていますから、世界各地の需要やニーズを持ち帰ること。そのリクエストがブルーノの新製品デザインに生かされることも多いですし、もちろんブルーノはアイデア豊富ですから、彼の方から提案があり製品化されることもあります。ちなみに新しい時計のモデル名に関してはブルーノが、限定モデルの本数は私が決めることが多いですね。皆が納得するまで、とにかく話し合います。

ベル&ロスの時計はスイスメイドのため、スイスのブランドだと思われがちだが、同社はパリに本社を構えるフランス企業。

 

時計はスイスのラ・ショー・ド・フォンのファクトリーで組み立てられる。

 

Q 実際のユーザーや市場の声を、どのように集めていますか?

A とにかく沢山、旅をします(笑)! ですからコロナの期間中は、とても厳しい状況でしたが、最初にお答えしたように、現地法人化によって世界各地にスタッフがいますので、彼らから現場の声をヒアリングすることが大事です。しかし、そうしたニーズを、そのままデザインすることは、ありません。一度飲み込んで、ベル&ロスらしさを加えるのです。トレンドを追いかける側ではなく、作り出す側にいると自負しているからです。マーケットが何を必要としているか、ベル&ロスには非常に強いアンテナが機能しています。例えば、ビンテージコレクション。昔のアイテムを現代風にアレンジすると……、単なる復刻モデルではなく、昔のアイテムを現代風にアレンジしたヘリテージウォッチは、今ではどこのブランドも発表していますが、ベル&ロスは随分と前から展開しています。ブラックセラミックケースや、最近で言うとインテグレーテッドブレスレット(ケース一体型ブレスレット)など、ベル&ロスから波及したトレンドも多いのではないでしょうか。

 

ベル&ロスのヴィンテージ・コレクションの人気モデル「BR V2 92 スティール ヘリテージ」。自動巻き。ケース径41㎜。SSケース。カーフストラップ。36万3000円。

 

Q ベル&ロスの時計はミリタリーのイメージが強いですが、BR 05を都会的なイメージにした理由は?

A ベル&ロスにはBR 03というミリタリーを象徴したアイコンモデルがありますが、もっと気軽につけられる雰囲気も欲しいという声がありました。またスティールブレスレットの必要性も感じており、BR 03には用意はされていたのですが、しっくり馴染むものではありませんでした。専用設計されたケース一体型のブレスレットで、サイズ的にもつけやすい小ぶりなモデル、それがBR 05誕生のきっかけです。この2つを組み合わせるには、ミリタリースタイルではなく、洗練されたアーバンスタイルを生み出す必要があったのです。

 

Q  注目の最新作について教えてください。

「BR 05 GMTホワイト」と「BR 05 アートライン」の2本を紹介させてください。

ベル&ロスというと、「黒」のイメージが強いかもしれませんが、最近はBR 03のダイバーホワイトなど、ホワイトダイヤルの人気が高まっています。「BR 05 GMTホワイト」は、ホワイトといっても完全な白ではありません。実際には、わずかにメタリックが入ったオパラインシルバーで、ベル&ロス独自のホワイトダイヤルを採用しています。GMTの赤針との組み合わせによって、よりモダンな印象に仕上がっています。もう1本はブティック限定モデルの「BR 05 アートライン」です。時計のベゼル部分と、ブレスレットの中央のコマだけにゴドロン装飾を施しています。このゴドロン装飾ですが、1930年代のドイツの航空機「ユンカース」のボディをイメージして作られました。航空の世界と深い関わりを持つベル&ロスならではの、非常に特別感のあるモデルです。

BR 05に加わった最新作「BR 05 GMT ホワイト」。ダイヤル外周のフランジ部分に、24時間のインデックスを刻む。メタリックなホワイトにメッキ加工を施したダイヤルは、光の反射でパールを思わせる質感に。自動巻き。ケース径41㎜。SSケース&ブレスレット。64万9000円。

 

SSブレスレットの他に、ストライプ模様の入ったラバーストラップ仕様も用意される。58万3000円。

 

ブティック限定モデルとなる「BR 05 アートライン」。ベゼルとブレスレットの中央のコマに大胆なゴドロン装飾を施している。ダイヤルはルテニウム・グレーのサンバースト仕上げだ。世界限定250本。自動巻き。ケース径40㎜。SSケース&ブレスレット。70万4000円。

 

Q 今年の後半〜来年の新商品、BR 06の構想など、お答えできる範囲で教えてください。

BR 06 !!!??? 。BR 05を、もっと成長させなければならないので、BR 06は、まだちょっと考えられませんね。ですが……、今年2022年の後半には、なかなか面白いモデルを用意していますよ。どこまで話していいのかなぁ……(汗)。ひとつは新素材のケースを持つ時計です。軽量感があり、いくつかの素材をミックスしたもので、今年の10月頃には一般公開できるかと。ほかにもBR 03では、文字盤に装飾を施したモデルや、アルピーヌモデルも予定しています。それからBR 05の派生モデルとして、マニュファクチュール・ムーブメント搭載機を予定しています。ただマニュファクチュール・ムーブメントといっても、ベル&ロスが完全にゼロから作り上げる自社開発キャリバーという意味ではなく、ムーブメントサプライヤーと共に専用の特別キャリバーを制作するという意味です。そのパートナーとは、今もっとも勢いのあるムーブメン・トサプライヤー。もう、お分かりですね。

 

Q ついに心斎橋にもブティックがオープンしましたが、ベル&ロスにおけるブティックの役割と、近々にご予定のイベントなどあれば教えてください。

はい。7月14日に銀座に続く日本国内2店舗目のブティックが、心斎橋にオープンしました。ベル&ロスというブランドが、どのような考えを持って時計を作っているのか。時計購入の単なる場所という位置づけではなく、ブランドの全てが揃った完璧な空間で時計選びを「体験」してもらうことが重要です。そのためにはブティックの存在が欠かせません。銀座ブティックのコンセプトを考えたのはブルーノですが、銀座ブティックには、今後のベル&ロスの方向性がいち早く取り入れられており、最新ブティックの基準となっています。このコンセプトは、当然、心斎橋ブティックにも共通するものです。また現在、新宿伊勢丹でもポップアップイベントを開催中ですので、興味のある方は、是非とも足をお運び下さい。

 

今回、インタビューの取材場所となったベル&ロスの銀座ブティックは2021年の5月にオープン。店内は非常に広く、明るく開放感がある。東京都中央区銀座4-9-13  営業時間12時〜19時(土・日は11時〜19時)定休日火曜日 TEL03-6264-3989

 

2022年7月14日にオープンしたばかりの心斎橋ブティック。東京ブティックのコンセプト同様、都会的でモダンなイメージだ。大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-10-2  営業時間11時〜19時30分 定休日水曜日 TEL06-6786-8993

 

2022年7月19日まで伊勢丹新宿店本館で開催されているベル&ロスのイベント「ベル&ロスから旅への誘い」。上に紹介したBR 05 GMT ホワイトが、早くも展示されている。また、来場した人には、先着30名にベル&ロスのキーリング、時計購入者には先着20名にベル&ロスのウィークエンドバッグを用意している(なくなり次第終了)。伊勢丹新宿店本館1F プロモーションスペース 東京都新宿区新宿3-14-1  営業時間10時〜20時  TEL03-3352-1111

 

お問い合わせ:ベル&ロス公式サイト

(取材・文・写真/市塚忠義)

 

 

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ