2022.09.29

東京・表参道に、⽇本初のリミテッドショップ「NOMOS GLASHÜTTE by FORTUNE TIME」オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回、期間限定で東京・表参道ヒルズにオープンした「NOMOS GLASHÜTTE by FORTUNE TIME」(ノモス グラスヒュッテ バイ フォーチュンタイム)は、ノモス グラスヒュッテの真髄であるドイツ工連盟やバウハウスの理念を色濃く反映させた時計のイメージをそのままに、白を基調としたシンプルでミニマムなしつらえとなっている。端正で落ち着きのある店内には、ブランドの顔とも言える「タンジェント」をはじめ、ベーシックラインの「ラドウィッグ」「オリオン」、カジュアルな雰囲気の「クラブ」、個性あふれる「メトロ」など幅広いラインナップが揃う。また、こちらのショップでは⽇本未⼊荷商品や惜しまれながら⽣産完了した商品やドイツ本国でしか販売されていなかったノモス グラスヒュッテのオリジナルステーショナリーグッズの販売も予定されている。

東西のドイツが統一された1990年にドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテに創業したノモス グラスヒュッテ。バウハウスのデザイン理念を継承するブランドを代表するアイコンモデル「タンジェント(TN1A1W2 /26万4000円)」は30年来愛され続けるベストセラー。

カラフルな文字盤を採用した「クラブシリーズ」は、女性や若い世代に支持されている(左 CL1A1DP1CP /18万7000円、右 CL1A1BP1CP /19万8000円)。

1883年にドイツのハイデルベルグで創業し、1995年にドイツ・ニュルンベルクのグットバレット社から復刻された「カヴェコ」。1972年のミュンヘン・オリンピック開催の際に公式ペンとしても認定された同ブランドとコラボした、ノモス グラスヒュッテのオリジナル万年筆。

ドイツ本国のみの販売だったノモス グラスヒュッテのオリジナルメモ帳。

東西のドイツが統一された1990年にドイツ時計産業の聖地であるグラスヒュッテに創業したノモス グラスヒュッテ。バウハウスのデザイン理念を継承するブランドを代表するアイコンモデル「タンジェント(TN1A1W2 /26万4000円)」は30年来愛され続けるベストセラー。
カラフルな文字盤を採用した「クラブシリーズ」は、女性や若い世代に支持されている(左 CL1A1DP1CP /18万7000円、右 CL1A1BP1CP /19万8000円)。
1883年にドイツのハイデルベルグで創業し、1995年にドイツ・ニュルンベルクのグットバレット社から復刻された「カヴェコ」。1972年のミュンヘン・オリンピック開催の際に公式ペンとしても認定された同ブランドとコラボした、ノモス グラスヒュッテのオリジナル万年筆。
ドイツ本国のみの販売だったノモス グラスヒュッテのオリジナルメモ帳。

 

【店舗情報】
店名:NOMOS GLASHÜTTE by FORTUNE TIME /ノモス グラスヒュッテ バイ フォーチュンタイム
住所:〒150-0001 東京都渋⾕区神宮前4-12-10 表参道ヒルズB3F
TEL:03-6447-1126
営業時間:⽉曜⽇〜⼟曜⽇ 11:00〜21:00 、⽇曜⽇ 11:00〜20:00
定休⽇:商業施設カレンダーに準ずる

(構成/TAYA)

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ