2023.01.24

60年目のタグ・ホイヤー【カレラ クロノグラフ】は何が違う!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コレクター待望の60周年モデルが登場!

1963年に発表されたカレラは、腕時計クロノグラフのアイコン的なモデルであり、クロノグラフのデザイン面で他ブランドに多大な影響を与えた時計でもある。

ブランド創業者、ジャック・ホイヤーは1962年にセブリング12時間レースでレーシングドライバーのロドリゲス兄弟と出会い、メキシコで開催されたロードレース「カレラ パナメリカーナ」のことを知り、その名をクロノグラフ時計に使うことを思いついたとか。そのレースのスピードと冒険心を時計に注ぎ込んだのが1963年に発表された「カレラ」だ。それから60年、待望のメモリアルモデルが登場した。

シルバーダイヤルにブラックのサブダイヤル、通称パンダ文字盤のカラーリングとなる。

径39mm。自動巻き。パワーリザーブ約80時間。SSケース。100m防水。世界限定600本。89万1000円。

クラシカルなドーム型風防を採用。両面反射防止処理が施される。プッシュボタンもビンテージ風だ。

シースルーバックとなり、ローターには「CARRERA 60TH ANNIVERSARY」」の文字と、ケースバックサイドにはシリアルナンバーが入る。

ストラップはパンチング加工が施されたブラックのカーフ製レーシングベルトとなる。

シルバーダイヤルにブラックのサブダイヤル、通称パンダ文字盤のカラーリングとなる。
径39mm。自動巻き。パワーリザーブ約80時間。SSケース。100m防水。世界限定600本。89万1000円。
クラシカルなドーム型風防を採用。両面反射防止処理が施される。プッシュボタンもビンテージ風だ。
シースルーバックとなり、ローターには「CARRERA 60TH ANNIVERSARY」」の文字と、ケースバックサイドにはシリアルナンバーが入る。
ストラップはパンチング加工が施されたブラックのカーフ製レーシングベルトとなる。

 

 

オリジナル・カレラ直系のこのモデルはカレラファンなら絶対気になる一本だ。

お問い合わせ:タグ・ホイヤー公式サイト

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ