2021.03.10

それは1961年に始まった! 新作デルフィンで読み解くエドックスの防水時計伝説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

sponsored

デルフィンメカノオートマティック

デルフィンメカノオートマティック
シリーズ初のスケルトンモデル。モダンかつ独自仕様にくり抜かれたスケルトン文字盤を通し、搭載するCal.
EDOX853の精緻な動きが鑑賞できる。自動巻き。径43mm。200m防水。右/SSケース(ピンクゴールドPVD)。ラバーストラップ。26万4000円。左/SSケース&ブレスレット。26万4000円。

1961年に発表されたエドックスの歴史的名作「デルフィン」が、約60年の時を経て初のスケルトン化。防水時計の名門による新作とは?

写真/谷口岳史 文/岡崎隆奈

伝統の防水仕様が引き立つ
個性的なカットデザイン

今やエドックスのアイコンモデルとなる「デルフィン」は、今から60年前の1961年に誕生した。同社は’50年代初頭から防水機構の開発に取り組み、この年に革新的なリューズ機構「ダブル‐Oリング」が完成。この世界初の特許技術により、搭載モデルである本作は画期的な200m防水を成し遂げ、一躍エドックスは防水時計の名門として世に知られることになった。

新作「デルフィン メカノ オートマティック」はダブル‐Oリングに加え、オリジナルにないねじ込み式リューズを採用し、200m防水を確保。また’70年代モデルからは、ビス留めされた12角形ベゼルを受け継ぎ、ラグジュアリースポーツの雰囲気も漂う。さらに今回は、シリーズ初のスケルトンダイヤルを取り入れた。巷で人気のスケルトンだが、ただ文字盤をくり抜くのではなく、ブランドの象徴である砂時計がモチーフのカットを施して、精悍なブラックに染めることで、個性あふれるモダンスケルトンに仕上げた。これにより時計の表裏から精緻な内部機構を楽しむことも可能に。まさに伝統と現代が融合した1本だ。

 

防水時計伝説1 ダブルーOリング

新作はエドックスが開発し特許を取得したリューズ機構「ダブル-Oリング」を装備。ケース内の気密性を高めるこの機構により、スケルトンモデルながら200m防水を確保する。

デルフィンの初代モデルがこの年誕生。独自の防水機構「ダブル-Oリング」をリューズ内部に備え、当時としては画期的な200m防水を実現した。

新作はエドックスが開発し特許を取得したリューズ機構「ダブル-Oリング」を装備。ケース内の気密性を高めるこの機構により、スケルトンモデルながら200m防水を確保する。
デルフィンの初代モデルがこの年誕生。独自の防水機構「ダブル-Oリング」をリューズ内部に備え、当時としては画期的な200m防水を実現した。

 
 
防水時計伝説2 ビス留め12角形ベゼル

丁寧に磨き上げられた12角形のベゼル。その上にダイナミックな印象を与える6個のビスをあしらい、さらにピンクゴールドPVDを施して美しさと耐久性を同時に追求している。

新たな”ラグジュアリースポーツ”のスタイルをいち早くデルフィンに採用。存在感あるビス留め12角形ベゼルは、現行シリーズにも受け継がれる。

丁寧に磨き上げられた12角形のベゼル。その上にダイナミックな印象を与える6個のビスをあしらい、さらにピンクゴールドPVDを施して美しさと耐久性を同時に追求している。
新たな”ラグジュアリースポーツ”のスタイルをいち早くデルフィンに採用。存在感あるビス留め12角形ベゼルは、現行シリーズにも受け継がれる。

 
 
防水時計伝説3 エレガントブレスレット

ブレスレットモデルでは、エレガントな5連タイプを取り入れた。SS製ならではのずっしりとした高級感があり、コマ同士が滑らかにジョイントすることで装着感も抜群によい。

創業130周年を記念してデルフィンが復活。’70年代デザインを忠実に再現し、半世紀近く経ても色あせない独自のスポーティ仕様で人気を呼ぶ。

ブレスレットモデルでは、エレガントな5連タイプを取り入れた。SS製ならではのずっしりとした高級感があり、コマ同士が滑らかにジョイントすることで装着感も抜群によい。
創業130周年を記念してデルフィンが復活。’70年代デザインを忠実に再現し、半世紀近く経ても色あせない独自のスポーティ仕様で人気を呼ぶ。

 
 

防水時計伝説4 モダンデザイン

オリジナルや’70年代スタイルを受け継ぎつつ、新たにスケルトンダイヤルを導入。ブランドエンブレムの砂時計をアレンジし、巧みなカットワークによってモダンに仕上げた。

復活したデルフィンがモデルチェンジ。一体型のラグや5連のブレスレットを採用することで、より現代的でスタイリッシュに生まれ変わった。

オリジナルや’70年代スタイルを受け継ぎつつ、新たにスケルトンダイヤルを導入。ブランドエンブレムの砂時計をアレンジし、巧みなカットワークによってモダンに仕上げた。
復活したデルフィンがモデルチェンジ。一体型のラグや5連のブレスレットを採用することで、より現代的でスタイリッシュに生まれ変わった。

 
 
商品の問い合わせ/GMインターナショナル☎03-5828-9080
https://www.edox.jp/c/delfin/

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ