2021.03.15

新しく生まれ変わったGSの時計工房「グランドセイコー スタジオ 雫石」へ行ってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

腕時計の真の価値が分かる「現地」訪問ツアー あの工房へ行ってきた!!

 

堂々とした木造建築
訪問者を温かく出迎えるような広いエントランス。ガラスの壁面と木造のフレームとが美しくマッチ。内部の組み立てルームには多くの光が差し、時計師にとっても最適な環境が生まれる。

行ってきたのはココ!

グランドセイコー スタジオ 雫石
新たなスタジオは、盛岡セイコー工業の広大な敷地の北東角に誕生した。上は会社全体の模型で、左手前にあるのがスタジオ。組み立て棟や部品製造棟、メッキ処理棟などが同じ敷地内にある。

 

設計したのは 隈 研吾氏
新国立競技場の設計者として広く一般にその名が知られる建築家・隈 研吾氏が、設計を手掛けた。エントランスの壁は白く化粧し、和紙をイメージさせるなど、和のテイストが随所に盛り込まれている。

雫石の自然に調和する
製造とその情報発信基地

北に霊峰・岩手山がそびえ、東には鳥帽子岳と駒ケ岳の稜線が連なる──奥羽山脈の豊かな自然に恵まれた岩手県雫石町で、グランドセイコーのメカニカルモデルは作られている。製作を担うのは、1970年創業の「盛岡セイコー工業」。

微細なビスまで自社製造し、その熱処理やメッキを積層する超精密成型技術・MEMSの施設を持ち、ムーブメントの組み立てからケーシング、検査まで一貫して行えるここは、真のマニュファクチュールである。

敷地面積は、約10万1000平米と広大。その北東の一角に7月20日、新たな製造拠点「グランドセイコースタジオ 雫石」がグランドオープンした。

県道から車で敷地内に入り、緩やかな坂を上ると、大きく傾斜をつけた屋根の真新しいスタジオが出迎えてくれる。東側の軒先を高く持ち上げ、西に向かって傾斜した屋根は、水平を保って奥へと延びて、その先にある森の木々と同化する。

周囲の環境と調和する建物の設計者は、隈研吾氏。彼は、THE NATURE OF TIMEというブランドフィロソフィーを表現するため、木造で新たなスタジオを築いた。

入口のある東面と岩手山を望む北面は、全面ガラス張り。エントランスを入ると、天井が高く開放的な空間が広がる。ここは、グランドセイコーの歴史と現在、さらに盛岡セイコー工業が製作するグランドセイコーの機械式ムーブメントを紹介する展示スペース。

主力キャリバーは、全パーツと一緒に展示され、脱進機やテンプの拡大模型でその仕組みが分かるようにもなっている。ガンギ車やアンクルの実物をルーペで見られ、焼き入れと焼き戻しの熱処理で鋼材がどう変化するのか曲げて試せるなど、体験型の展示も多い。

そう、グランドセイコースタジオ雫石は、完全予約制の一般公開を前提 に建設されている。そして製造拠点と前述したとおり、エントランスから北側廊下を進むと左側には、ムーブメントの組み立て・調整の専門工房があり、ガラス越しに見学できるようになっている。

さらにその先では、防水検査やバンド付けの様子も見られる。コロナ禍の影響で、残念ながら一般公開のスタート時期は、未定。しかし新たなスタジオからは、様々な形でものづくりの精神が、世界に向けて発信される。

 

壁の設えにも 隈氏のこだわりが
岩手山を望む見学者用の北側廊下は全面ガラス張りで、芝生には時折、動物の姿が。柱が整然と並ぶ様子は、どこか京都の三十三間堂に似る。壁は板を交互に重ねた大和張りとし、雫石の森の木々や機械式ムーブメントが刻むリズムを表現した。

天井が高く梁がない のびのびした大空間
展示スペースを兼ねるエントランスホール。勾配をつけた屋根で高い天井を生み出した。また北側の廊下に加え、南側にも社員用廊下がある。それぞれに連続する柱で建物全体を支える構造とし、梁をなくしたことで空間はよりのびやかになった。

 

新しく生まれ変わったGSの時計工房!
自然の温もりを感じるモダンな設計

今年60周年を迎えたグランドセイコーのメカニカルモデルを担う、新たな製造拠点が誕生。 一般公開も予定され、素晴らしい日本のものづくりの精神を世界に向けて発信する。

 

 

 

グランドセイコーの匠の技を分かりやすく解説し展示
展示スペースにあるショーケースも、隈氏のデザイン。それぞれにグランドセイコーの歴史やムーブメント、その製造工程などが展示されている。右上はパーツに使われる材料やMEMSに、右下は各仕上げ装飾に関する展示。左は現行グランドセイコーに搭載されるムーブメントを展示している。

<b>グランドセイコーの匠の技を分かりやすく解説し展示</b><br>展示スペースにあるショーケースも、隈氏のデザイン。それぞれにグランドセイコーの歴史やムーブメント、その製造工程などが展示されている。右上はパーツに使われる材料やMEMSに、右下は各仕上げ装飾に関する展示。左は現行グランドセイコーに搭載されるムーブメントを展示している。

 

第3の時間を示す回転ベゼル
グランドセイコー スポーツコレクション SBGJ237

毎時3万6000振動のメカニカルハイビートに、GMTを装備。そのインデックスはダイヤル外周に加え、2トーンで昼夜を塗り分けた回転ベゼルにも備わり、時差分だけ回すと第3の時間帯を知ることができる。自動巻き。径44.2㎜。SSケース&ブレスレット。72万円。

岩手山の山肌をダイヤルに
グランドセイコー ヘリテージコレクション SBGJ201

同じくメカニカルハイビートのGMT。雄大な岩手山の山肌を模したパターンを浮かべたホワイトダイヤルに、ブルーのGMT針がクッキリと浮かぶ。歪みのない鏡面を多用したケースは、いかにもGSらしい。自動巻き。径40㎜。SSケース&ブレスレット。67万円。

 

時計の工房としては珍しい
木造設計の機能的な組み立てクリーンルーム

製造拠点であり、情報発信基地でもあるスタジオの主役は、組み立て・調整工房。広々として明るい新たなクリーンルームで、機械式ムーブメントに命が吹き込まれる。

 

明るく広い新工房
ラウンジに向かう階段の踊り場から、工房を俯瞰。ご覧のように横梁はなく、天井は屋根組みを見せ、壁とともに白く塗装されている。左側の見学用の窓からは、外光が工房内へと差し込む。

 

岩手山を望むラウンジも完備
スタジオの2階には、見学者のためのラウンジがある。北側は、やはり全面ガラス張り。晴れていれば、岩手山の雄大な姿を背景に、工房で使われるのと同じ作業台に座って記念撮影ができる。

 

レイアウトも一新され作業効率も大幅にアップ!

1階の見学用廊下の窓から工房での作業の様子を見終え、その先にある階段を上るとドラマティックな光景が広がる。踊り場の壁がガラス張りになっていて、工房全体を俯瞰することができるのだ。北側と南側の多くの柱により建物を支えることで、のびのびとしたエントランスが実現されたのと同じ手法だ。隈氏は、スタジオの主役となる組み立て・調整工房にも、天井の高いゆったりとした空間を与えた。

盛岡セイコー工業は、2004年に組み立て棟に雫石高級時計工房を開設した。それを今回、ここに移設。旧工房もそうだったが、新工房は両サイドの壁の上下に通気口が備わるクリーンルームになっている。その天井にはエントランス同様に梁がなく、外から持ち込まれたホコリやチリが溜まりづらい。結果、旧工房と比べて空気中のチリとホコリの割合は、およそ10分の1にまで減少したという。

移転に伴い、レイアウトも一新された。旧工房では個別に配置していた作業台を、ざら組み(前段階の大まかな組み立て)、ひげゼンマイ調整、組み立て、調整といった工程ごとに横並びの島状に配置したのだ。これにより作業効率は向上し、より高い品質が得られるようにもなった。また雫石高級時計工房設立の際に作られた岩手の伝統の岩谷堂箪笥の技術を用いた作業台も、レイアウトに合わせてリフォームされた。

盛岡セイコー工業は、高い技術を持つ技術者をマイスターとして認定し、 技能の習熟度に応じてゴールド、シルバー、ブロンズに分けている。そしてマイスターは、後進の育成も担う。こうしてグランドセイコーの機械式ムーブメントを生み出す匠の技は、未来へとつながれてゆく。

工程ごとに横並びの効率的なレイアウト
工程ごとに横並びになった作業台で、技術者が時計に向き合う。作業台は、岩谷堂箪笥による特注品。椅子は、人間工学に基づいたアーロンチェアが使われている。各工程ごと、見学用の窓に一番近い場所には責任者が座る。右はひげゼンマイの調整をしている様子。

時計師気分も味わえる
エントランスの展示スペースと工房の間に、セミナールームを置く。見学者はここで技術者と同じ岩谷堂箪笥の作業台に座って、機械式ムーブメントの分解・組み立て体験等を実施予定。

 

雫石オリジナルモデルも販売
ラウンジでは、ここで作られるグランドセイコーが展示され、実際に手に取ることができる。その中には、下右のモデルも含め、₅つのここでしか買えない雫石オリジナルモデルもある。

 

雫石だけの激レアモデル
グランドセイコー
雫石オリジナルモデル SBGH283

スタジオだけで販売される、オリジナルモデルの1つ。縦縞が浮かぶグリーンのダイヤルは、雫石の森をイメージした。自動巻きローターも、Shizukuishi Limitedの文字を刻んだゴールドカラーの特別仕様。自動巻き。径40㎜。SSケース&ブレスレット。66万円。

 

現代に蘇った初代GS
初代の外観を受け継ぎ、ケースを₃㎜拡大してモダナイズ。デュアルカーブサファイアガラスも採用され、視認性を向上させた。インデックスも18金製である証のSDマークを₆時位置に置く。手巻き。径38㎜。18KYGケース。クロコダイルストラップ。280万円。

 

[時計Begin 2021 WINTERの記事を再構成]

写真/岸田克法 文/髙木教雄 構成/市塚忠義

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ