2022.10.25

機械式腕時計って、なんで壊れてしまうの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

機械式腕時計が不調になる理由!?

日々、精確な時を刻んでくれる機械式腕時計。使い続ければ当然劣化もする。酷使が続くとやがて止まってしまうことも。不調を生み出す主な原因には以下の6つの症状が挙げられる。

1.「油切れ」すると、こんな症状が!

穴石の油が切れる/歯車の軸を受ける穴石には動きを円滑にするため油が塗布されている。これは経年により飛散・蒸発してしまう。油が切れると動きが悪くなるだけでなく、軸が減って歯車の動きに不調が生じることも。

2.「錆び」が進むと、こんな状態に!

巻き芯が錆びる/巻き芯周りに配されたゴム製パッキンが劣化すると時計内部が湿気を帯び、外部に通じる部分の巻き芯を錆びさせる原因に。錆びが進むと芯折れを招くこともあるのだ。

ケースが錆びる/ケースの凹み部分に溜まりやすい汚れやホコリ。それらを放置しておくと、やがて錆びへと変質する。その錆びがさらに深く進行してしまうと、研磨では除去できず高額な交換案件となる。

3.「切断」はこんなところで発生する!

ゼンマイが切れる/常に強いテンションが掛かり続けるパーツの筆頭格である主ゼンマイ。金属疲労により巻き上げ時などに切れてしまうことは多い。切断していなくても、OH時に交換するメーカーもあるとか。

4.「摩擦」が進むと……

歯車が摩耗する/長年使い続けると歯車の軸や歯が損耗し、駆動に支障をきたしてしまう。摩耗が著しい場合は新品と交換するが、古いモデルだとメーカーにストックが存在しない場合もある。やはり定期的な点検・手入れはマストだ。

5.「固着」はどうして起こる?

プッシュボタンが固まる/防水パッキンの劣化や故障により付着した汚れや錆びが、プッシュボタンの固着を引き起こす事例は多い。長期間使用しなかったためにオイルなどが変質し、固着してしまう場合もある。

6.「帯磁」は機械式腕時計の大敵

磁気を帯びる/PC等のデジタル機器には磁力を発するものが少なくない。時計を近くに置いておくと帯磁してしまい、時計精度に悪影響を与えることも。方位磁石があれば手軽に磁気帯びの確認が可能。

小さい不調が大きな故障に発展するから要注意!!

ひまグチ君(以下ひまグチ) 男爵からもらったあのマリー・アントワネット(※1)、先日ついに動かなくなりましたー(笑)。

髭ゼンマイ男爵(以下男爵) おーい、アレは貸しているだけだぞーい。早よメンテして戻してもらわんと困るがな。

ひまグチ でも、別段悪いコトなんか一切してないですよ? 5年ばかり動かしっぱなしなだけで。そう言えば海やキャンプにも持っていったカモー!

男爵 お、お宝レベルの懐中時計をアクティブに使いすぎ! 基本的に機械式時計は大事に扱う必要があるだけでなく、定期的なメンテも必要だから!

ひまグチ う〜ん、例えばどういうコトが原因で壊れるんで?

男爵 そうだな、比較的多いのが油切れやゼンマイの切断、パーツの摩耗による不動。それに電子機器が広く普及した昨今では、磁気帯びにより時計精度が落ちてしまうケースも多いぞ。

ひまグチ マジで? そういえばタブレットPCの上に置いておいたら調子ワルくなった気が。でも、不具合に気がついた時点でメンテに出せば、ぜ〜んぶ元通りになるんでしょ?

男爵 甘い! 甘すぎる!! 問題はそう簡単じゃないぞ。精巧に作られた昨今の時計は、油切れでも多少は動き続ける。しかしパーツ同士がダイレクトに擦れ続けることで、部品自体が摩耗してしまうのだ。例えば摩耗で広がってしまった軸穴だと歯車が傾くことになる。そして傾きながら回り続けることで、他の箇所まで歪ませてしまうこともあるからな。不具合を拡大させないためにも、一見正常に見えていても定期的に点検し、早めの段階で患部を処置してあげる必要があるんじゃーい。

ひまグチ うん、ソレも知ってマス。5年ごとくらいでオーバーホールに出すんでしょ? 毎回時計談議のときなどに、同じようなコト言ってますよ。

男爵 じゃあ聞いてくんなやー! でも、昨今はそういった定番メンテに加え技術の進歩により、新たな情報も続
続増えてる
。例えば左ページの溶接リペアとか。そういったコトにもアンテナを張っておくのが愛好家というモノだ。でないと最新のメンテが受けられないからな。というコトで、おさらいも兼ねて、いざメンテナ〜ンス!

ひまグチ 良かったー。ならこの間、電動キックボード走行中に落として、タイヤに踏まれたパテック フィリップのキャリバー89(※2)も直せるね?

男爵 オイ、だいぶ事情が変わったぞ。あれは落札額6億円の懐中時計やないかーい。てか、なんで懐中ばっかりなのよ。素直に腕時計にしておけや〜。

※1 マリー・アントワネット王妃から、宮廷時計師として活躍していたブレゲに期間、費用の制約のまったくない、すべてを一任された時計製作が依頼された。完成したのは1827年で依頼からなんと44年後だった!!

※2 パテック フィリップ創業150周年の1989年に発表された複雑懐中時計。

[時計Begin 2022 SUMMERの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ