2021.05.02

ボール ウォッチからレインボーカラーのマイクロガスライト時計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

暗闇で本領を発揮するのがボール ウォッチ
レインボーカラーのマイクロガスライト

時計のインデックスや時分針の多くは、暗闇でも時刻がわかるよう蛍光塗料が塗られている。時計ファンなら経験があるかも知れないが、新品購入直後はバッキバキに光るものの、スマホの電池同様、その光の強さは悲しいぐらい劣化する。

ボール ウォッチの代名詞マイクロガスライトは、その光り方がケタ違いだ。いや、正確に言えば全くの別モノ。通常の蓄光塗料は、太陽光や蛍光灯に露光させなければ光らない。マイクロ・ガスライトは内側に蛍光塗料を塗布したガラス管にトリチウム(³ H)を充填。

トリチウムの発する放射線がガラス管内側の蛍光塗料に作用し”自ら”発光するため、露光する必要がないのだ。また従来の蓄光塗料は劣化が早く、明るさは「時間単位」で落ちていく。アンティーク時計のインデックスがガタガタになっているのは、この蛍光塗料を何度も塗り直しているせいだ。もちろんマイクロ・ガスライトも劣化はするが、明るさ劣化の度合いは「年単位」。

発光は10年以上継続するという。今回紹介する新作では、この独自の発光システムが更に進化。なんと6色に光るマイクロ・ガスライトを実現している。光る文字盤において、ボール ウォッチの右に出るものは、当分なさそうである。

光るインデックスがなんと6色に!

ボール ウォッチ
BALL WATCH

エンジニア Ⅲ マーベライト Ref.NM2026C-S29J-BK
夜でも存在感をアピールできる!

ケース素材にスーパーステンレススティール904Lを採用。8万A/mの耐磁性と5000Gsの耐衝撃性を併せ持つ。自動巻き。径40㎜。SSケース&ブレスレット。22万円。問い合わせ:ボール ウォッチ・ジャパン

 

[時計Begin 2021 SPRINGの記事を再構成]

文・構成/市塚忠義

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ