2020.06.24

中身同様、時計は「外側」も重要です! 外装専業サプライヤー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

時計の「美しさ」を担うサプライヤーの超絶技術とは?

時計の価値を決めるのは、ムーブメントだけではない。装飾品でもあるため、やはり見た目も重要である。ケースとブレスの製造技術に長けたサプライヤーが、時計に美しさという、高貴な価値を与える。

しなやかかつ美しいミルマイユを生み出す手業

腕時計のフォルムは、年々多様化し、複雑さを増している。各ブランドが、それぞれに個性を競った結果である。コンピュータによる3DCADの普及も、複雑化に拍車を掛けている。ブレスレットの造作も、またしかりだ。

ブランパンは2018年、実に複雑で美しいブレスレットを世に送り出した。下のモデルに備わるのが、それだ。一見すると金属線を編み込んだミラネーゼのようだが、実は微細なリンクを連結して作られたミルマイユと呼ばれるブレスレットである。フランス語でマイヨンと呼ばれる小さなリンクをピンで連結して生まれるブレスレットは、金属製とは思えぬほどにしなやかで、かつ美しい。総パーツ数は、実に530個以上。ムーブメントの部品点数よりはるかに多い。この製造を担うのが、「シモン・エ・メンブレ社」だ。

ブランパンのミルマイユブレスレットを成すマイヨンは、形や大きさが異なる31種類を必要とする。それぞれを公差5ミクロン以下で成型しなければ、ブランパンが求めるしなやかさは得られないという。成型後、丁寧に磨かれたマイヨンは、すべて人の手で組み立てられ、その後再び手作業で磨き上げられる。その際、各マイヨンの間にブラシを入れて仕上げることで、最上級の美しさとしなやかさが叶う。

気が遠くなるような地道な手業が、唯一無二のミルマイユブレスを生む。

パーツ点数は530個以上!

31種類のマイヨンを間違えずにピンにセット
ミルマイユレスの組み立て工程。ピンを最外端の一方のマイヨンにきつくはめ込んだ上に、特殊な糊も用いてしっかりと固定する。それを写真にある専用の治具に並べ、順番に各マイヨンを通していく。内側のマイヨンだけで11種類。各マイヨンはナンバリングされていて、どのピンにどのマイヨンを通すのかが分かるよう、治具には番号が書かれている。500個以上のマイヨンを間違えることなくピンに通す、地道な作業だ。

BLANCPAIN(ブランパン)
ヴィルレ コンプリート カレンダー
ミルマイユブレスレットが、ケースと調和。4つの暦表示は、ラグ裏のコレクターで工具を使わず24時間調整が可能だ。パワーリザーブは72時間。自動巻き。径40㎜。18KRGケース&ブレスレット。442万円。問い合わせ:ブランパン ブティック銀座

ブランパン御用達の高級ケース&ブレス
シモン・エ・メンブレ社

所在地
Rte de la Communance 86 CH-2800 Delémont1 Switzerland
URL
http://www.simon-membrez.ch/
採用ブランド
スウォッチ・グループ傘下のサプライヤーであるため、ブランパン以外にジャケ・ドローとブレゲのケース製造も担っている。

金属の切削加工に秀でる
ケース&ブレスの名門

1975年に創業したケースとブレスレットを専業とするメーカー。2012年₁ 月の新ファクトリー完成に伴い、スウォッチ・グループ傘下に。ハイエンドウォッチに特化し、各種ゴールドやプラチナ、SS、チタンの加工技術を持つ。仕上げの職人も抱え、手業も継承する。

 

[時計Begin 2020 SPRINGの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ