2021.07.05

大切な1本だから長持ちさせたい「自分でできる! 時計の簡単メンテ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

頻繁に身に着けるお気に入りの時計。実は腕時計って常に皮膚と接触しているため、汗や汚れが付きやすく、ひと月もすると一見きれいに見えていてもかなり汚れているんです。お気に入りの1本を長持ちさせ、気持ちよく使っていくには、日々のお手入れが大事。そこで、身の周りにあるものでできる簡単メンテナンスをご紹介します。

第1回:「SSブレスレット」のお手入れ

これからの季節は、特に汗・皮脂やほこりなどの汚れがブレスレットのコマの間に溜まりがち。素材がSS(ステンレススティール)といえども、長時間汚れを放っておくとサビが発生することもあるので、1か月に1回位は掃除してあげたいものです。

用意するもの


普通の水道水で大丈夫です。100円ショップなどでも売っている、スプレータイプのボトルに入れると使いやすくなります。

ティッシュ

<b>水</b><br>普通の水道水で大丈夫です。100円ショップなどでも売っている、スプレータイプのボトルに入れると使いやすくなります。
<b>ティッシュ</b><br>

1「ブレスレットにティッシュをあて、霧吹き」

ティッシュを3 ~ 4 枚重ねて2 つ折りにした上に時計を置き、ブレスレット部分に 2~3プッシュほど霧吹き。

2「ティッシュの上から軽く、細かくもみ、汚れを浮かせる」

ブレスレットをティッシュで包み、コマがカクカクとなるよう細かく動かしながら、全体を細かくもむ。浮いてきた汚れはティッシュに付着する。

3「柔らかい布でから拭きをする」

柔らかい厚手の布で、全体の水気と残っている汚れを取るよう、から拭きする。つねに布のきれいな面で拭き取るように。

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ