2021.04.14

オリンピック公式計時を務めるオメガから東京2020モデル登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

シーマスター ダイバー300M 東京2020 スペシャル エディション/自動巻き。ケース42mm。SSケース×ブレスレット。55時間パワーリザーブ。300m防水。66万円。発売中。

オリンピックで公式計時を務めるオメガから、東京2020記念モデルが登場した。ベースとなるモデルは、ヘリウムエスケイプバルブ搭載で300m防水を誇るプロダイバーズ仕様のシーマスター ダイバー300M。

東京2020のエンブレムにインスパイアされた、ブルーベセル×ホワイト文字盤のコンビカラーは、同シリーズの中でもこのモデルだけ。ブルーのセラミック製ベゼルリングには、ホワイトエナメルのダイビングスケールが施され、高い視認性と耐久性を誇る。ポリッシュ仕上げのホワイトセラミック製ダイヤルには、レーザーエングレービングによる波模様が施されておりダイヤルに奥行き感を醸し出している。ナイアードロックで固定されたサファイアクリスタルのケースバックには、東京2020のエンブレムがデザインされており、付属のオリンピック仕様の特別なプレゼンテーションボックスと相まって、オリンピック気分を盛り上げてくれる。

 

搭載するのは、オメガ コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8800。パワーリサーブは55時間、1万5000ガウスの超耐磁性能を誇り、COSC認定クロノメーター取得の上、スイス連邦計量・認定局(METAS)によるマスタークロノメーター公式認定を受けた高精度キャリバーだ。

オメガとオリンピックの関係は1932年のロサンゼルス大会に始まる。一人の技師と30個のクロノグラフを使用し、すべての競技の計時を担当したのである。東京2020はオメガが公式計時を務める29回目の大会となる。

お問い合わせ:オメガお客様センターTel.03-5952-4400
(構成・文/TAYA)

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ