• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

PATEK PHILIPPEのラインナップ

200を超えるパテック フィリップの紳士用コレクションは、7つにカテゴライズされている。うちデザインによる区分けは5つ。クラシックはもちろん、スポーツ系も名作揃いだ。そして残り2つは機構で振り分けているのが、時計を革新するパテック フィリップらしい。

  • ノーチラス・コレクション

    高級スポーツウォッチの不滅のアイコン

    両サイドに〝耳〞が突き出す特徴的なケースのフォルムは、舷窓をモチーフとする。丸みを帯びた八角形のベゼル、横ストライプの水平エンボスを施したダイヤルなど、ひと目でそれと分かるデザインは、誕生から40年以上を経た今も新鮮さを失わない。

  • アクアノート・コレクション

    水辺に似合うエレガントなスポーツウォッチ

    コンテンポラリーでエレガントなデザインでありながら、リューズをねじ込み式とするなどヘビーデューティな仕様に。ストラップは紫外線に強いハイテク・コンポジット素材の〝トロピカル〞。ダイヤルとのデザインの統一が図られている。

  • ゴールデン・エリプス・コレクション

    黄金比で特別な美を宿す薄型ドレスウォッチ

    コレクション名は、黄金の楕円形の意。円と長方形とを融合させたフォルムは黄金比に基づいて形作られている。1968年の誕生以来、わずかにディテールやサイズ感の操作をしながら時代と調和させてきたメゾンのロングセラーだ。

  • ゴンドーロ・コレクション

    ムーブメントも角型にするのがパテック流

    レクタンギュラーやクッション、トノーなど、多様なフォルムをこれまで展開してきたラウンド型以外のコレクション。メゾンの長い歴史が培った美意識が、豊かなデザイン性を育んだ。フォルムに合わせ機械も角型にするのが名門の矜持。

  • カラトラバ・コレクション

    ラウンド型ケースに託した、不変の機能美。

    形態は機能に従う──ドイツのバウハウスが提唱した機能美を、初めて時計で試みたのが1932年誕生のRef.96だった。それをルーツとするコレクションは、どれもシンプルで不変の機能美を宿し、時代に左右されないエレガントさをまとう。

  • コンプリケーション・コレクション

    プラスアルファの機能で、メゾンの革新性を堪能

    1996年に特許を取得した年次カレンダー、メゾンのアイコンのひとつであるワールドタイム、そしてクロノグラフ。コレクションには、いかにもパテック フィリップらしい革新性に満ちた素晴らしい機構が、きら星のごとく居並ぶ。

  • グランド・コンプリケーション・コレクション

    創業者が目指した世界最高の時計がここに

    永久カレンダー、スプリットセコンドクロノグラフ、トゥールビヨン、ミニッツリピーター、そして天文表示時計……。さらにこれらを組み合わせた超絶モデルの数々は、時にダイヤモンドで華やかさを増し、文字通り時計界の頂点に輝く。

OTHER CONTENTS 他のコンテンツ

  • 歴史

    1839年の創業以来、パテック フィリップはジュネーブで178年の時を…
  • 代表作

    革新性と美しさ、高品質を追求してきたパテックフィリップの時計は、どれ…
  • 工房

    多くの時計メゾンが掲げる「伝統と革新」との言葉が、最も相応しいのはパ…
  • ムーブメント

    時計の歴史に燦然と輝く超複雑機構はもちろんのこと、シンプルな手巻きの…
すべて見る