2020.06.22

“タグ・ホイヤー×藤原ヒロシ”モデル第2弾登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

タグ・ホイヤー×フラグメントデザイン キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ/自動巻き。径44mm。SSケース&ブレスレット。100m防水。約80時間パワーリザーブ。66万円。世界限定500本。タグ・ホイヤー公式オンラインブティック(www.tagheuer.com)にて先行発売中。

2018年に発売し、あっという間に完売だった「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 by Fragment Hiroshi Fujiwara」。文字盤からアワーマーカーを外し、スポーティながらシックな仕上がりが話題となった。第1弾(詳細はこちらhttps://www.tokeibegin.jp/feature/19106/)が1963年の「カレラ」をベースにしたのに対し、今回の第2弾は、短めのラグが印象的な1960年代~‘70年代の「オウタヴィア」や、現代の「タグ・ホイヤー フォーミュラ1」に採用されているCケースモデルがベースとなっている。

過剰な装飾をなくした外装は、セラミック製ベゼルのタキメーターがよりいっそう強調される意匠に。ブラックオパーリンダイヤルに、レッドインデックス、レッドラッカーが施された針により、視認性を損なわずにミニマルな美しさを醸し出している。12時位置のブランドロゴ上には、藤原ヒロシ氏の「フラグメントデザイン」ロゴが、また4時位置と5時位置の間には「FRAGMENT」ロゴが施されている。

搭載するのは、自社製ムーブメント ホイヤー02。約80時間パワーリザーブを誇る、この高性能な自動巻きクロノグラフムーブメントの動きを、レッドサファイアのケースバック越しに鑑賞することができる。

世界限定500本で、1~500のシリアルナンバー入りのこちらのモデルは、タグ・ホイヤー公式オンラインブティック(http://www.tagheuer.com/)にて先行発売中。

バタフライフォールディングバックルを装備したステンレススティール製の5連ブレスレット。サテンとポリッシュが巧みに使い分けられており、非常に美しい輝き。

ロジウムプレートの時針、分針にはホワイトのスーパールミノバ®が塗布され、暗闇での視認性も抜群だ。

音楽プロデューサーであり、日本を代表するクリエイターである藤原ヒロシ氏。タグ・ホイヤーとのコラボレーションは今回で2度目となる。

バタフライフォールディングバックルを装備したステンレススティール製の5連ブレスレット。サテンとポリッシュが巧みに使い分けられており、非常に美しい輝き。
ロジウムプレートの時針、分針にはホワイトのスーパールミノバ®が塗布され、暗闇での視認性も抜群だ。
音楽プロデューサーであり、日本を代表するクリエイターである藤原ヒロシ氏。タグ・ホイヤーとのコラボレーションは今回で2度目となる。


お問い合わせ:
LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー Tel.03-5635-7054

(構成・文/TAYA)

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ