パルミジャーニ・フルリエ パルミジャーニ・フルリエ

2020.09.03

もう、これだけで欲しくなっちゃう!? 最新クロノマットはルーローブレスだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ジョージ・カーン新体制になってから、いくつかのシリーズが斬新なモデルチェンジを果たしてきたが、日本で最も人気が高いクロノマットに関しては、まだ手がつけられていなかった。熱狂的なファンが多いだけに、ここは触らぬ聖域とするのか……、その答えが写真のモデルである。そう、新生クロノマットの誕生だ。武骨なイメージは抑えられ、シーンを選ばない万能クロノに生まれ変わった。

しかしよく見てみると、1984年オリジナルの意匠をふんだんに取り入れていることが分かる。まず回転ベゼルに取り付けられたライダータブの復活だ。驚くことに3時位置と9時位置のライダータブは工具を使えば入れ替えが可能。つまりオリジナルモデルがそうであったように、カウントダウンとカウントアップ、両方の機能が使えるのだ。もう1点、我々の目を奪ったオリジナル仕様がルーローブレスレットである。バタフライクラスプ式の採用で、手首側から見ても、そのつなぎ目はほとんど分からない。つけ心地は完璧で、何より見た目がカッコイイ!パっと見は都会的、よく見れば古典的。この究極のバランス感覚は、ブライトリングの歴史をきちんと整理した結論と言える。

 

しかもこちらは日本限定仕様

BREITLING(ブライトリング)
クロノマット B01 42
シルバーのクロノ秒針でひと際スマートな日本仕様
ブラックダイヤル&シルバーのサブダイヤルに、通常の赤ではなくシルバーのクロノグラフ秒針を組み合わせた日本限定カラー。他にもブルーダイヤルやシルバーダイヤル、フレッチェ・トリコローリ・エディションなどが用意される(P101参照)。自動巻き。径42㎜。SSケース&ブレスレット。200m防水。89万円。6月発売予定。問い合わせ:ブライトリング・ジャパン

 

フィレッチェ・トリコローリがお手本

ルーローブレスレットを採用していたのがイタリアのアクロバットチーム(フレッチェ・トリコローリ)とのコラボレーションにより、1983年に開発、発表されたモデル。翌年、このモデルを元に元祖クロノマットが発売。

 

[時計Begin 2020 SUMMERの記事を再構成]
文・構成/市塚忠義

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ