2020.07.20

製造本数が多い老舗ならではの“美”へのこだわりとは【10万円台時計の魅力と実力】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

18金ベゼル
最高級素材「18金ローズゴールド」をフィーチャー!
製造本数が多い老舗ならではの“美”へのこだわり

艶麗なゴールドベゼルの輝きが均整のとれたデザインを格上げ。スイス屈指のメジャーブランドが手がけるドレス系は、“大人の魅力”。

ココが実力!
ベゼル素材が18金!

貴金属を大胆に
あしらう意欲作!

いわゆる〝エントリークラス〟である10万円台の時計は、コストを抑えるためにさまざまな要素を簡素にするのが通例だ。素材もしかりで、多くはベーシックなSSがメイン。高価な貴金属の使用はハードルが高い。

ティソは1853年にル・ロックルで創業した老舗で、現在ではスイス国民の4人に1人が同社の時計を持っているという統計もあるほど圧倒的な人気、つまり生産本数を誇る。大量に製品を作ることで1本あたりのコストを下げたことによる成果がこちら。普及価格帯ながらベゼルに18金ローズゴールドを贅沢に用いた、高級仕様となっている。さらにくだんの統計はドレスモデルに関したもので、同社はことドレス系に関しては卓抜の知見を持つ。単に豪華なだけでなく、洗練された美観に磨き抜かれているのがポイントだ。かつ、ムーブメントは80時間パワーリザーブを誇る最新仕様。時計通もこぞって脱帽する。

紳士の装いにふさわしい
クラシカルなゴールドコンビ

ティソ ジェントルマン オートマティック
T927.407.46.051.00
1960年代に製造した同社製品をモチーフにした3針。名門ETA社と共同開発した最新キャリバー、パワーマティック80シリシウムはシリコン製ひげゼンマイの採用で高度な耐磁性能も確保。自動巻き。径40㎜。SSケース。カーフストラップ。5気圧防水。14万6000円。問い合わせ:ティソ

ゴールドカラーのインデックスはひとつずつ植字されたアプライド式。ファセット処理が施され、文字盤に奥行きと高級感をもたらすとともに、視認性の向上に貢献している。

ゴールドカラーのインデックスはひとつずつ植字されたアプライド式。ファセット処理が施され、文字盤に奥行きと高級感をもたらすとともに、視認性の向上に貢献している。

 

[時計Begin 2020 SPRINGの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ