2021.07.07

1本持ってないと出遅れ確定!? 2021年はグリーン時計が大漁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

メタリックな感が浮かぶ
深く太い横溝を刻むダイヤルに、実に繊細かつ均一にソレイユのギョーシェを施しているのが見事。その上にPVDを施し、メタリックな質感で高級感あふれる特別なグリーンが生み出された。

1本持ってないと出遅れ確定
グリーン大漁‼

2018年から始まったグリーンダイヤルのトレンドは、今年も継続。
あの「ノーチラス」での採用で、定番カラー化へ一気に進む気配だ。

ベゼルに煌めくバゲット
「ノーチラス 5₇11/1300A」。SSベゼルとバゲットダイヤとの組み合わせは、初。このモデルの最終章を飾るにふさわしい究極のラグジュアリーがもたらされた。10₈6万₈000円。

 

パテック フィリップ ノーチラス×グリーンダイヤル

注目ポイント

①ノーチラス初グリーン

②メタリックなPVDダイヤル

③SSケースは年内終了

2019年に「アクアノート」に登場したカーキグリーンのダイヤルはマットな質感であるのに対し、まったく異なるメタリックな色調をPVDによって叶えた。SS製ノーチラス5711の製造は、年内で終了。争奪戦は既に激しく、実機を見られる機会すら稀だろう。

 

特別なノーチラスに選ばれたグリーン

一体だれが予想しただろう?
グリーンダイヤルが、これほど長いトレンドを形成すると。これは時計業界が、ファッションとのリンクを推進した結果だ。そんな中で、今年登場したパテック フィリップの「ノーチラス5711/1A」のオリーブグリーンの新作は、特別な意味を持つ。何故なら同メゾンは2月に、この入手が極めて困難なSS製3針ノーチラスの製造終了を発表したから。すなわち今回発表された新色は、最終バージョン。開発を急がず、トレンドを追わないパテック フィリップが、特別なノーチラスにグリーンを選んだのである。業界全体に与える影響は、多分に大きい。

一方、このノーチラスの新色は、他社のグリーンとは一括りにはできない。繊細なソレイユ仕上げにPVDを施し生まれたオリーブグリーンは、傾けるにつれグレーがかったり、ブルーが浮かんだり、色のニュアンスが変化するのだから。また正面からの色味も、写真で見る以上にシック。ラグジュアリー・スポーツウォッチを象徴するモデルにふさわしいグリーンを、パテック フィリップは生み出した。

他ブランドから発表された新作でも、独創的なグリーンが表現され、トレンドから定番化へと進む。

 

メジャー・ブランドも一気にグリーンシフト

パテック‌フィリップ
PATEK PHILIPPE

ノーチラス 5711/1A
グリーンで有終の美を飾る
オリーブグリーン・ソレイユで着飾る5711/1A 最終バージョン。自動巻き。径40mm(‌10~4時方向)。SSケース&ブレスレット。12気圧防水。401万5000円。問い合わせ:パテック‌フィリップ‌ ジャパン・インフォメーションセンター

 

グランドセイコー
GRAND SEIKO

エレガンスコレクション メカニカルハイビートGMT SBGJ251
日本の美しい春をダイヤルに写す
テーマは春分。新緑の森をランダムに広がる凹凸模様で表し、PGのGMT 針は桜をイメージした。自動巻き。径 39.5mm‌。SSケース&ブレスレット。 3気圧防水。81万4000円。発売中。問い合わせ:セイコーウオッチお客様相談室

 

アイ・ダブリュー・シー
IWC

パイロット・ウォッチ・クロノグラフ 41
シリーズ初のサイズに初のグリーンダイヤル
クロノも2mm‌サイズダウン。小振りなケースに鮮烈なサンレイ・グリーンで存在感を高めた。スモセコの赤が、華やか。自動巻き。径41mm‌。SSケース。カーフストラップ。100m防水。82万5000円。発売中。問い合わせ:IWC

 

ジャガー・ルクルト
JAEGER-LECOULTRE

レベルソの歴史の中から特別な緑を掬い取る
レベルソ・トリビュート・スモールセコンド
深いグリーンは、レベルソ最初期にあった色の再現。クラシカルな角形に違和感なく馴染む。手巻き。ケース45.6×27.4mm‌。SSケース。カーフストラップ。30m防水。99万4400円。発売中。問い合わせ:ジャガー・ルクルト

 

ブライトリング
BREITLING

プレミエ B09 クロノグラフ 40
独特の淡いトーンに思わず見とれてしまう
1940年代にあったプレミエの姿を今に再現。淡いダイヤルの色はその名もピスタチオグリーン。手巻き。径 40mm‌。SSケース。アリゲーターストラップ。100m防水。94万6000円。発売中。問い合わせ:ブライトリング・ジャパン

 

[時計Begin 2021 SUMMERの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ