2022.08.04

2022注目の新作:元祖ラグスポもついに50歳!「オーデマ ピゲ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロイヤル オーク”ジャンボ”エクストラ シン/搭載する新型Cal.7121は、毎秒8振動のハイビートと空気抵抗を軽減するテンプの構造により高精度が期待できる。ローターの巻き上げ効率も極めて良好。ダイヤルは、初代の色味を色褪せしないPVDで再現した。自動巻き。径39㎜。SSケース&ブレスレット。5気圧防水。385万円。発売中。

新作の主役は、誕生50周年を迎えた「ロイヤル オーク」。年内発売分に限り、50周年専用ローターを用いた多くの新作が登場した。新キャリバーも3つ投入。内1つは”ジャンボ”エクストラ シンのために開発したCal.7121である。3.2mm厚の薄型ながら約55時間駆動をかなえ、日付の早送り機構が備わるなど、より使いやすく進化した。

ロイヤル オーク”ジャンボ”エクストラ シンはケース径39mmと腕元へのおさまりも非常に良い。

37mmケースに積む、もう1つの新型Cal.5900も薄型設計。ケースも既存より0.9mm薄くなり、装着感を高めている。また”ジャンボ”以外は、ケースサイドの鏡面部を広げ、ブレスレットは幅だけでなく厚みもテーパードさせるなど外装をブラッシュアップした。どれも魅力的だが入手は極めて困難だ。

まだまだあるロイヤル オーク新作

ロイヤル オーク クロノグラフ/カーキグリーンダイヤルに頑強な設計のCal.4401を潜めた。植字のバーの長さを改めたことで濃密な印象を高め、12時位置のロゴも植字にアップデート。径41㎜。SSケース&ブレスレット。5気圧防水。390万5000円。発売中。

ロイヤル オーク オートマティック/新型Cal.5900搭載で薄くなった37㎜ケースは、ジェンダーレスで使える絶妙なサイズ感。タペストリー装飾はダイヤル全面に敷く。自動巻き。径37㎜。SSケース&ブレスレット。5気圧防水。280万5000円。発売中。

ロイヤル オーク オートマティック/34㎜フルセラミックも全面タペストリーダイヤル&植字ロゴへと一新。漆黒の外観にビスや針、植字のPGがひときわ映える。自動巻き。径34㎜。セラミックケース&ブレスレット。5気圧防水。566万5000円。発売中。

ロイヤル オーク フライング トゥールビヨン エクストラ シン 「RD#3」/新設計のCal.2968は、3.4㎜厚の極薄自動巻きフライング トゥールビヨン。ジャンボと同じケースへの搭載を可能とした。自動巻き。径39㎜。SSケース&ブレスレット。5気圧防水。価格要問い合わせ。発売中。

ロイヤル オーク クロノグラフ/カーキグリーンダイヤルに頑強な設計のCal.4401を潜めた。植字のバーの長さを改めたことで濃密な印象を高め、12時位置のロゴも植字にアップデート。径41㎜。SSケース&ブレスレット。5気圧防水。390万5000円。発売中。
ロイヤル オーク  オートマティック/新型Cal.5900搭載で薄くなった37㎜ケースは、ジェンダーレスで使える絶妙なサイズ感。タペストリー装飾はダイヤル全面に敷く。自動巻き。径37㎜。SSケース&ブレスレット。5気圧防水。280万5000円。発売中。
ロイヤル オーク  オートマティック/34㎜フルセラミックも全面タペストリーダイヤル&植字ロゴへと一新。漆黒の外観にビスや針、植字のPGがひときわ映える。自動巻き。径34㎜。セラミックケース&ブレスレット。5気圧防水。566万5000円。発売中。
ロイヤル オーク フライング  トゥールビヨン エクストラ シン 「RD#3」/新設計のCal.2968は、3.4㎜厚の極薄自動巻きフライング トゥールビヨン。ジャンボと同じケースへの搭載を可能とした。自動巻き。径39㎜。SSケース&ブレスレット。5気圧防水。価格要問い合わせ。発売中。

 

お問い合わせ:オーデマ ピゲ公式サイト

[時計Begin 2022 SUMMERの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ