2022.10.06

2022年注目の「ロンジン」新作:実は、1世紀以上前からGMTを作っていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロンジンは1908年に第2時間帯表示機能が備わる懐中時計を開発し、1925年にはいち早く同機構を持つ腕時計「ズールータイム」を開発。

1925年誕生の第2時間帯表示腕時計の先駆け「ズールータイム」。モデル名は航空業界で使われる協定世界時のコード。

2022年新作の「ロンジン スピリット ズールータイム」は、ブランドの歴史を飾った名と機構とを現代に受け継ぐ新作。ローカルタイムをリューズで1時間刻みで前後に動かせる主時針で示す設計とし、日付表示も連動するモジュールはスウォッチ グループ内で共有されており、高い信頼性が実証済だ。24時間GMT針の目盛りは両方向回転ベゼルに刻まれ、ベゼルを時差分だけ回せば第3の時刻もわかる。GMT針はツートーンで、根本側はダイヤルと同色にして溶け込ませ、主時針の視認を邪魔しない気配りが、好印象である。

 

ロンジン スピリット ズールータイム/グリーンセラミックのベゼルにアンスラサイト文字盤を組み合わせ、蓄光塗料はベージュとし、レトロな装いに。シリコンひげゼンマイ採用のCal.L844.4はCOSCも取得。外装も機械も完成度が高い。自動巻き。径42㎜。SSケース&ブレスレット。10気圧防水。39万7100円。発売中。

ベゼルのセラミックとダイヤルとを同色としたブルーとブラックは、ホワイトの蓄光塗料を用いる。カーフストラップもチョイス可能で、Dバックルには長さ調整機構が備わる。ブレスレットもストラップもインターチェンジャブル式。カーフストラップ仕様は38万2800円。

まだまだある!2022年ロンジンの注目株!!

ロンジン ウルトラ-クロン/1968年に毎秒10振動を先駆けた高精度ダイバーの名を継ぎ、外観と振動数を最新技術で再現。自動巻き。径43㎜。SSケース&ブレスレット(NATOストラップ付属)。30気圧防水。48万7300円。6月発売予定。

ハイドロコンクエスト/人気定番のコレクションから小さくなった39mmの新サイズが登場。セラミックベゼル、シリコン製ひげゼンマイを採用する。自動巻き。径39㎜。SSケース&ブレスレット。30気圧防水。22万3300円。発売中。

ロンジン エレガントコレクション/細身の針とローマ数字が、いかにもクラシカル。ストラップは、廃棄されたリンゴやトウモロコシを原料とする。自動巻き。径39㎜。SSケース。植物性素材ストラップ。3気圧防水。26万2900円。発売中。

ロンジン ウルトラ-クロン/1968年に毎秒10振動を先駆けた高精度ダイバーの名を継ぎ、外観と振動数を最新技術で再現。自動巻き。径43㎜。SSケース&ブレスレット(NATOストラップ付属)。30気圧防水。48万7300円。6月発売予定。
ハイドロコンクエスト/人気定番のコレクションから小さくなった39mmの新サイズが登場。セラミックベゼル、シリコン製ひげゼンマイを採用する。自動巻き。径39㎜。SSケース&ブレスレット。30気圧防水。22万3300円。発売中。
ロンジン エレガントコレクション/細身の針とローマ数字が、いかにもクラシカル。ストラップは、廃棄されたリンゴやトウモロコシを原料とする。自動巻き。径39㎜。SSケース。植物性素材ストラップ。3気圧防水。26万2900円。発売中。

 

お問い合わせ:ロンジン公式サイト
[時計Begin 2022 SUMMERの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ