2022.10.27

海中で、機械式腕時計のクロノグラフを操作しても大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

回答:基本的に水中での操作はNG。あとの3つにもご注意を!!

時計あるあるトラブル集!?

機械式腕時計は、非常に繊細な構造や緻密なバランスで成立しているアイテムだ。十分に分かっちゃいるけど、ついついやってしまうNGな使い方をピックアップ。

水中でクロノグラフを 操作!/頼りがいあるルックスのダイバーズを手に入れたなら、使い倒したくなるのが人情だ。さらにクロノグラフが付いていたなら、潜水時間計測にチャレンジしたくもなる。しかし水中でのプッシュボタン操作は禁物。水圧等にもよるが、ヘタをすると内部に水が浸入することもあるので要注意だ。

時計のゼンマイを 巻きすぎた/手巻き式の時計は自分の時間を自らが作りだすかのようで非常にロマンチック。いきおいよくリューズを巻く力にも熱が入る人も多い。きっちり最後まで巻き上げようとするのは分かるが、巻き止まり以上に回すとゼンマイが切れてしまう。終点を探りつつ重みが強まったらゆっくり巻くべし。

金無垢の時計を ゴシゴシ布で磨きすぎた/金色の輝きはステンレススティールにはないリッチ感が最大の魅力。そのポテンシャルを十分に引き出すべく頻繁に磨いている、てな人はぜひ気をつけて。18Kは金属の中でも比較的軟らかい素材であり、布に付着した塵や異物などで擦れてキズとなる場合が意外に多い。磨き布は清潔なものが絶対だ。

スマホの上に 置きっぱなしに!/もはや日用品として腕時計以上にマストな存在である携帯電話。ともに手元にて用いるアイテムだけに近づけてしまいがちだ。特にスマートフォンはスピーカー付近に強い磁力を持ち、近づけておくと時計が磁気を帯びてしまうこともある。仕事や作業時など、意識して離しておくのが賢明だ。

水中でクロノグラフを 操作!/頼りがいあるルックスのダイバーズを手に入れたなら、使い倒したくなるのが人情だ。さらにクロノグラフが付いていたなら、潜水時間計測にチャレンジしたくもなる。しかし水中でのプッシュボタン操作は禁物。水圧等にもよるが、ヘタをすると内部に水が浸入することもあるので要注意だ。
時計のゼンマイを 巻きすぎた/手巻き式の時計は自分の時間を自らが作りだすかのようで非常にロマンチック。いきおいよくリューズを巻く力にも熱が入る人も多い。きっちり最後まで巻き上げようとするのは分かるが、巻き止まり以上に回すとゼンマイが切れてしまう。終点を探りつつ重みが強まったらゆっくり巻くべし。
金無垢の時計を ゴシゴシ布で磨きすぎた/金色の輝きはステンレススティールにはないリッチ感が最大の魅力。そのポテンシャルを十分に引き出すべく頻繁に磨いている、てな人はぜひ気をつけて。18Kは金属の中でも比較的軟らかい素材であり、布に付着した塵や異物などで擦れてキズとなる場合が意外に多い。磨き布は清潔なものが絶対だ。
スマホの上に 置きっぱなしに!/もはや日用品として腕時計以上にマストな存在である携帯電話。ともに手元にて用いるアイテムだけに近づけてしまいがちだ。特にスマートフォンはスピーカー付近に強い磁力を持ち、近づけておくと時計が磁気を帯びてしまうこともある。仕事や作業時など、意識して離しておくのが賢明だ。


何気な〜くやってしまう
日課にも実は問題が!?

ひまグチ 昔の時計は、やれ雨の日はダメとか自転車を運転するときは外せとか、とにかくウルサかったですよね。

男爵 それはアンティークのハナシだろ? 重要なのは、タフになった現代モデルでも、扱いにおいていくつかのタブーがあるということ。

ひまグチ そう言えばこの間の海水浴でも、かなり怒ってましたよね?

男爵 そりゃ、お前が水中でクロノグラフを起動させるからやないかーい。

ひまグチ 300m防水なら浅瀬での時間計測くらい問題ナイっしょ?

男爵 いや、基本的に高深度防水時計でも、プッシュボタンの操作を水中で行うのはタブーだぞー。

ひまグチ フーン、そうなんだ。じゃあ部屋の中なら危険はないっしょ?

男爵 お前の場合はダメ〜!! なんでいつもノートPCの上に置いて時間を計るんじゃ! あとバッグによく取り付けてあるフラップ留めのマグネット等も強磁力だから注意せーよ?

ひまグチ はいはい。お詫びに借りてたクンロク(※3)を磨いて返します!

男爵 おい。金無垢ケースはゴシゴシ磨いちゃダメって言っただろ〜!

ひまグチ 男爵は金持ちなのに、ナニカト細かいっすよね〜。

男爵 全部ワシのだからやないかーい! やるなら自分の時計でやって!

※1932年に発表されたパテック フィリップの代表モデルRef.96、通称クンロク。カラトラバシリーズの原点といわれている。

 

[時計Begin 2022 SUMMERの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ