2022.05.16

その全てがケタ違いの凄さ!「オクト ローマ」複雑時計への道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オクト ローマ エメラルド グランソヌリ/バゲットカットのエメラルド72個(約7.28ct)とダイヤモンド374個(約22.86ct)。パワーリザーブは約48時間で、グランソヌリ24時間、プチソヌリ28時間。自動巻き。径44㎜。18KWGケース。アリゲーターストラップ。1億9082万8000円(予価)。

1月に行われたLVMH WATCH  WEEK 2022で、ブルガリが発表した新作の数々。レディスモデルの注目は、世界最少サイズの手巻きムーブメント「ピコリッシモ」を搭載したセルペンティであったが、メンズモデルの主役は、オクト ローマで極めたチャイミングウォッチ。4ハンマーのグランソヌリ「オクト ローマ エメラルド グランソヌリ」を完成させた。

グランソヌリとは、自動的に1時間および15分おきに時刻を告げる鐘をならす機構のこと。通常のミニッツ・リピーターがリリースレバーなどの「手動」で作動させるのに対し、グランソヌリは「自動」。時計の3大複雑機能のうち、最も難易度の高いのが鳴りモノ系といわれるが、グランソヌリは、その鳴りモノの中でも頂点に君臨する女王。この新作が搭載するキャリバーBVL703に至っては、732個のパーツを一人の時計職人が9ヶ月かけて組み立て、その後の調整やサービスも行うという。

そしてムーブメント以上に凄いのが、バゲットカットのエメラルドと合計30カラット以上のダイヤモンド、計446個。気になる価格は約2億円! 何から何まで、スケールがケタ違いだ。

 

カリヨン+トゥールビヨン搭載の手巻きの自社製キャリバー搭載モデルにも注目!

オクト ローマ ブルー カリヨン トゥールビヨン」。3色の音を出す3ハンマーのカリヨンにトゥールビヨンを組み合わせた。手巻き。径44㎜。プラチナケース。アリゲーターストラップ。3817万円(予価)。

お問い合わせブルガリ ジャパン

[時計Begin 2022 SPRINGの記事を再構成]

PICKUP CONTENT おすすめコンテンツ